作品概要

ブルジョワ家庭の午後(テラス一家)》は、画家のピエール・ボナールによって制作された作品。制作年は1900年から1900年で、オルセー美術館に所蔵されている。

詳細な画像を見る

《ブルジョワ家庭の午後(テラス一家)》は、フランスの画家ピエール・ボナールによって1900年に制作された油彩画である。オルセー美術館に所蔵されている。

グループ肖像画

この作品は、晴れた日の午後、作曲家クロード・テラス(義理の弟)の家族がル・グラン=ラン村にある自宅とともに描かれている。本作は、当時のボナールにしては珍しいサイズと形式であり、グループ肖像画の伝統に従ったものとなっている。グループ肖像画には、その最も有名な例の1つとして、エドガー・ドガの《ベレッリ家の肖像》(オルセー美術館蔵)がある。

受けた影響

ボナールは、他の印象派画家から人物の構成を借りたが、影響はそこで止まっている。固定されたポーズの、戯画にも見えるこの人物の集合は、原始的なフレスコ画を連想させる。アンリ・ルソーやスーラの《グランド・ジャット島の日曜日の午後》からもインスピレーションを受けている。

後期作品の予兆

ナビ派時代、画家は装飾的な構成や漫画の歪みを好んだ。さらに、ユーモアはこのグループ肖像画の支配的な性質の1つであり、いたずらっぽく「ブルジョワ家庭の午後」というタイトルがつけられている。

この絵は、ヴェルノンやル・カネの田舎にを見渡す大きな窓を描いた後期作品を予期している。それは驚くほどモダンな共鳴を持ち、バルテュス(1908-2001)によるいくつかの作品を予期するものとなった。

作品をもっと見る

基本情報・編集情報

  • 画家ピエール・ボナール
  • 作品名ブルジョワ家庭の午後(テラス一家)
  • 英語名A Bourgeois Afternoon or The Terrasse family
  • 分類絵画
  • 制作年1900年 - 1900年
  • 製作国フランス
  • 所蔵オルセー美術館 (フランス)
  • 種類油彩、キャンバス
  • 高さ139cm
  • 横幅212cm
  • 投稿日
  • 編集者
  • ブルジョワ家庭の午後(テラス一家)の感想を書き込む

    こちらで、ぜひ本作品の感想やエピソードを教えてください。作品に関する質問もお気軽にどうぞ。