作品概要

水の戯れ》は、画家のピエール・ボナールによって制作された作品。制作年は1906年から1910年で、オルセー美術館に所蔵されている。

詳細な画像を見る

《水の戯れ》は、フランスの画家ピエール・ボナールによって1906年から1910年にかけて制作された油彩画である。オルセー美術館に所蔵されている。

牧歌的な主題

この装飾的なパネルは、20世紀初頭の多くの画家、詩人、音楽家のミューズであったミシア・セールの家のダイニングルームのために、1906年から1910年の間にボナールが製作した4つの絵画のひとつである。その数年前に、ボナールはナビ派から離脱していた。もはや平坦な色の領域を描かず、閉じた構図を放棄することによって空間の感覚を再発見し、印象派が愛した光の表現へと戻り、友人の画家モーリス・ドニやケル・グザヴィエ・ルーセルのように、古典的な伝統と牧歌的な主題へと回帰した。それはニコラ・プッサンやクロード・ロランに愛された神話的黄金時代の夢であり、ピュヴィス・ド・シャヴァンヌやゴーギャンによっても描かれている。

描写

本作は、神話的な人物が想像上の川で戯れるという、神秘的な旅へ鑑賞者を招待している。左には、当時の人々でいっぱいの神秘的なガレオン船が、ボナールのユーモアに典型的な時間的、空間的な不和を作り出している。あるいは、ミシアのヨットへの言及である可能性もある。

猿が飛び交い、しゃべっている想像上のオレンジ色の縁は、18世紀のタペストリーのエキゾチックな主題を思わせるだけでなく、ピュヴィス・ド・シャヴァンヌの、植生で囲まれた素晴らしい装飾的な作品を思い起こさせる。真珠のネックレスで遊んでいるこれらの猿は、美しいミシアの暗示であるかもしれない。

作品をもっと見る

基本情報・編集情報

  • 画家ピエール・ボナール
  • 作品名水の戯れ
  • 英語名Water Games
  • 分類絵画
  • 制作年1906年 - 1910年
  • 製作国フランス
  • 所蔵オルセー美術館 (フランス)
  • 種類油彩、キャンバス
  • 高さ248.5cm
  • 横幅298.5cm
  • 投稿日
  • 編集者
  • 水の戯れの感想を書き込む

    こちらで、ぜひ本作品の感想やエピソードを教えてください。作品に関する質問もお気軽にどうぞ。