作品概要

格子柄のブラウス》は、画家のピエール・ボナールによって制作された作品。制作年は1892年から1892年で、オルセー美術館に所蔵されている。

詳細な画像を見る

《格子柄のブラウス》は、フランスの画家ピエール・ボナールによって1892年に制作された油彩画である。オルセー美術館に所蔵されている。ボナールは、ナビ派と呼ばれる画家グループのメンバーであった。

日本美術からのインスピレーション

本作《格子柄のブラウス》のモデルとなった女性は、画家の妹であり、作曲家のクロード・テラスの妻であるアンドレ・テラス(1872-1923)である。1892年に描かれたこの作品は、ピエール・ボナールの初期作品である。当時、ボナールはパリの国立高等美術学校などで開かれた二つの展覧会により、日本美術と出会ったばかりであった。彼はこれに深く感銘を受け、ナビ派の間では「ナビ・ジャポナール」(日本好きのナビ)として知られるようになった。

掛け軸や浮世絵の影響

この絵は長方形であるが、これは絹や紙に描かれた日本の掛け軸の影響を受けているためである。そのため、高さは幅の約2倍となっている。ボナールはまた、浮世絵のレイアウトにインスピレーションを得た。この作品では、人物がフレームによって分割されており、西洋の作品に見られる対称性は無視されている。

ボナールはまた、変わったアングルを選び、視点を増殖させた。テーブルは高い角度から描かれているが、モデルは下からの視点でとらえられており、二つは同じ平面上に描かれている。ボナールは、伝統的な遠近法や立体表現を使用せずに質感を与えることに成功した。

作品をもっと見る

基本情報・編集情報

  • 画家ピエール・ボナール
  • 作品名格子柄のブラウス
  • 英語名The Chequered Blouse
  • 分類絵画
  • 制作年1892年 - 1892年
  • 製作国フランス
  • 所蔵オルセー美術館 (フランス)
  • 種類油彩、キャンバス
  • 高さ61cm
  • 横幅33cm
  • 投稿日
  • 編集者
  • 格子柄のブラウスの感想を書き込む

    こちらで、ぜひ本作品の感想やエピソードを教えてください。作品に関する質問もお気軽にどうぞ。