作品概要

化粧(1908)》は、画家のピエール・ボナールによって制作された作品。制作年は1908?年から1908?年で、オルセー美術館に所蔵されている。

詳細な画像を見る

《化粧(1908)》は、フランスの画家ピエール・ボナールによって1908年頃に制作された油彩画である。オルセー美術館に所蔵されている。

鏡の効果と演出

洗面所での化粧と言う主題は、裸体を描くための口実であり、20世紀にはとても一般的なものであった。ドガが既にパステルで描いていたように、ボナールは洗練された構成を選び、現代のスザンヌを描いた。

背中を見せているモデルは妻のマルトであり、鏡にはその体の前面が映っている。体は四分の三だけを現して、鏡の枠によって縦に切り取られている。空間の喪失を強調するために、ボナールは壁紙で覆われた壁、ドアといった色の付いた表面を拡大させている。このように、鑑賞者の目は、鏡の反射の演出と裸の女性の立つスクリーンによって押し込まれた狭い世界に引き込まれる。

南フランスの光

装飾の重要性と、絵が立てかけられているテーブルのような切り詰められた、または歪んだ要素の存在は、ボナールのキャリアにおけるこの期間の、装飾的抽象性という特徴に向かってこの作品を押し上げている。コート・ダジュールのル・カネにあった家で一年のほとんどを過ごしていた彼は、シミの形をした真珠色の斑点によって、南フランスの光を捉えようと努めた。写真の写実主義から離れたこの裸体は、完全な光の中に捕らえられ、美しさ、官能性、ふくよかさを放っている。

形と色

1914年から1921年にかけて修正が施されたこの作品は、疑いと思索の時期に制作された。パリのキュビスムの波の後、ボナールは絵画の基礎に戻り、物体を描き出すことに専念した。色の感情的な次元を忘れることなく、形のバランスをとろうとした。

家にある絵画、高額で売りませんか?

ピエール・ボナールと思われる作品など、もし家に絵画や骨董品がある場合、こたろうで無料査定してみませんか?日本全国で出張買取可能、高額査定、現金支払いなど、メールや電話で気軽に査定することが出来ます。

骨董品・古美術品・絵画を無料査定
作品をもっと見る

基本情報・編集情報

  • 画家ピエール・ボナール
  • 作品名化粧(1908)
  • 英語名The Toilet
  • 分類絵画
  • 制作年1908?年 - 1908?年
  • 製作国フランス
  • 所蔵オルセー美術館 (フランス)
  • 種類油彩、キャンバス
  • 高さ119cm
  • 横幅79cm
  • 投稿日
  • 編集者
  • 化粧(1908)の感想を書き込む

    こちらで、ぜひ本作品の感想やエピソードを教えてください。作品に関する質問もお気軽にどうぞ。