作品概要

逆光の裸婦》は、画家のピエール・ボナールによって制作された作品。制作年は1908年から1908年で、ベルギー王立美術館に所蔵されている。

詳細な画像を見る

光に満ちた作品

本作《逆光の裸婦》においては、画家が焦点を当てていることが重要である。この作品は、ボナールが1900年代初めから制作していた控えめで親密な場面の制限された色調から初めて抜け出し、日光を描いた最初のものである。光は、カーテン、壁、ソファのカバーなど、文字通り画面内を満たしている。日光は、女性の裸体すべてを強く抱きしめている。モデルは、画家の妻であったマルトである。

初期作品と対照的に、官能性は本作の主役ではない。しかし、女性の手の中のボトル、床に落ちたドレス、裸足と黒い尖ったスリッパなどにおいて、エロティックさが表現されている。

鏡で広げられた空間と光の効果

ボナールは、自身のアプローチについて、「私の絵は、結局は対象物を形作るために互いにつながっているシミである」と語っている。

本作には、非常に興味深い密集した組み合わせ、さらに記念碑的ですらある具体的な裸体と、印象主義的な筆遣いが使われている。ボナールは、壁に鏡をかけ、女性の鏡像を部分的に見せている。これにより、視覚的に空間を拡大し、光を散乱させる効果をもたらしている。また、日光はたらいの中の水にも注がれている。

女性の入浴という主題

女性の入浴は、ボナールの好んだ主題の一つであった。印象派の画家たちは自然の中の裸体を描いたが、ボナールは浴室の中の裸体を描いた。それらの多くにおいて、女性は、すでに入浴を開始しているか、または終えている。ボナールは、女性を「自身をなめて清める猫のようなもの」と称したドガのように、女性の入浴場面を繰り返し描いた。

作品をもっと見る

基本情報・編集情報

  • 画家ピエール・ボナール
  • 作品名逆光の裸婦
  • 英語名Nude in the sun
  • 分類絵画
  • 制作年1908年 - 1908年
  • 製作国フランス
  • 所蔵ベルギー王立美術館 (ベルギー)
  • 種類油彩、キャンバス
  • 高さ125cm
  • 横幅109cm
  • 投稿日
  • 編集者
  • 逆光の裸婦の感想を書き込む

    こちらで、ぜひ本作品の感想やエピソードを教えてください。作品に関する質問もお気軽にどうぞ。