作品概要

白い猫》は、画家のピエール・ボナールによって制作された作品。制作年は1894年から1894年で、オルセー美術館に所蔵されている。

詳細な画像を見る

《白い猫》は、フランスの画家ピエール・ボナールによって1894年に制作された油彩画である。オルセー美術館に所蔵されている。

不思議な形の猫

この作品では、ボナールは歪みを使って、猫のユーモラスなイメージを作り出している。猫は、頭は肩に引っ張られており、隙間のような細い目や狡猾な表情を持った、誇張された足に支えられた奇妙な動物となっている。それは、飼いならされているようであり、野生のようでもある。

画家は準備図に見られるように、足の形や位置を決めるのに長い時間を費やした。この作品のX線調査でも、多くの変化が明らかになっており、その一部は肉眼で実際に見ることができる。「芸術は自然ではない」とボナールは言っていた。白い猫は、それ自体をよく観察して理解した天才によって作られた、コミカルでユーモラスなイメージである。

浮世絵の影響

絵画の装飾的要素として、平坦な背景には、奥行きのない蛇行した線が描かれている。これは、1894年に描かれたこの作品を、伝統的なナビ派作品にしている。大胆で非対称的な構成と主題の選択には、ボナールがとても好んだ日本の浮世絵の影響がある。葛飾北斎(1760-1849)と歌川国芳(1797-1861)は、特にこうした猫を多く描いた。

作品を通して、ボナールは猫を主題とした無数の絵画を制作した。猫は、時にはこの《白い猫》のように中央に、時にはシンプルな細部に描かれている。

作品をもっと見る

基本情報・編集情報

  • 画家ピエール・ボナール
  • 作品名白い猫
  • 英語名The White Cat
  • 分類絵画
  • 制作年1894年 - 1894年
  • 製作国フランス
  • 所蔵オルセー美術館 (フランス)
  • 種類油彩、厚紙
  • 高さ51cm
  • 横幅33cm
  • 投稿日
  • 編集者
  • 白い猫の感想を書き込む

    こちらで、ぜひ本作品の感想やエピソードを教えてください。作品に関する質問もお気軽にどうぞ。