作品概要

ランプの下の昼食》は、画家のピエール・ボナールによって制作された作品。制作年は1898年から1898年で、オルセー美術館に所蔵されている。

詳細な画像を見る

《ランプの下の昼食》は、フランスの画家ピエール・ボナールによって1898年に制作された油彩画である。オルセー美術館に所蔵されている。

身近な場面を描いたナビ派の画家

ピエール・ボナールは、ナビ派(ナビは「預言者」という意味)と呼ばれる画家グループのメンバーであり、平らな色の領域を使用し、3次元的立体表現を放棄するというナビ派の原則に従っていた。しかし、ボナールはナビ派のメンバーではあったものの、曖昧な象徴主義の主題には興味がなく、神秘主義者でもなかった。代わりに、彼は周りのシンプルな日常生活の場面に満足しており、魅了されていた。このため、彼は身近な場面を描く画家と言う意味で「親密派」と呼ばれてきた。

家庭内の親密な場面

ボナールは、そのキャリアの早い段階で、家庭的な日常生活の鋭い観察者として世に現れた。ボナールは、本作を含む多くの作品において、ユーモアと優しさをもって親密な場面を描き出している。

ここでは、画家の母親と甥が昼食を取っている場面が描かれている。テーブルの上に浮かぶ大きなランプによって広がった照明が、場面の中で重要な要素となっている。ランプはダイニングテーブルを明るく照らし、コントラストのあるエリアに場面を分割し、影の中に人物を配置している。

人物そのものは、絵の前景にシルエットで描かれている。 この空間の平坦化は、ナビ派時代のボナールの典型である。

家にある絵画、高額で売りませんか?

ピエール・ボナールと思われる作品など、もし家に絵画や骨董品がある場合、こたろうで無料査定してみませんか?日本全国で出張買取可能、高額査定、現金支払いなど、メールや電話で気軽に査定することが出来ます。

骨董品・古美術品・絵画を無料査定
作品をもっと見る

基本情報・編集情報

  • 画家ピエール・ボナール
  • 作品名ランプの下の昼食
  • 英語名Lunch by Lamplight
  • 分類絵画
  • 制作年1898年 - 1898年
  • 製作国フランス
  • 所蔵オルセー美術館 (フランス)
  • 種類油彩、板
  • 高さ24cm
  • 横幅30cm
  • 投稿日
  • 編集者
  • ランプの下の昼食の感想を書き込む

    こちらで、ぜひ本作品の感想やエピソードを教えてください。作品に関する質問もお気軽にどうぞ。