作品概要

ミモザの見えるアトリエ》は、画家のピエール・ボナールによって制作された作品。制作年は1946年から1946年で、ポンピドゥー・センターに所蔵されている。

詳細な画像を見る

アトリエの外の風景

《ミモザの見えるアトリエ》は、ピエール・ボナールの晩年期の作品の一つである。 彼の後期作品の色は、特に暖かく金色調になっている。ボナールは、特に黄色を好んだ。

この作品では、ボナール自身のアトリエが描かれている。しかし、筆やキャンバスの代わりに、彼はインスピレーションの源である自然を示している。窓からアトリエの中になだれ込んで来る自然は、部屋全体を満たしている。下部左側には、妻マルトがぼんやりと描かれている。ボナールは密室の巨匠といえる。ここでは、アトリエに鑑賞者を招待しておきながら、親密なインテリアを共有していない。逆に、作品の「主人公」は日当たりの良い風景である。

彼の筆は、閉じたインテリアを超えるかのように、特別な自由を得ているようである。ボナールは世界に窓を開け、太陽に照らされるミモザをアトリエに迎え入れた。

辛い時期の作品

この作品をよりよく理解するためには、当時ピエール・ボナールの人生が完全に変化していたことに留意すべきである。本作は、1939年にル・カネにおいて制作が開始された。ボナールは、その地の暖かい気候が妻マルトの健康に有益であると考え、1925年に家を買った。ドイツに占領された際も、彼らはそこにとどまった。

この間、ボナールは親しい友人を次々に失った。1940年にエドゥアール・ヴュイヤール、1943年にはモーリス・ドニ、そして最も恐ろしいことに、1942年に妻でありモデルのマルトを亡くしている。彼女は精神障害に苦しんでおり、当時の数年間は二人にとって非常に困難な時期であった。

本作を含む彼の新たな作品は、エネルギーの爆発、明るさ、そして明らかに不老不死の感覚に満たされている。

作品をもっと見る

基本情報・編集情報

  • 画家ピエール・ボナール
  • 作品名ミモザの見えるアトリエ
  • 英語名Workshop with mimosa
  • 分類絵画
  • 制作年1946年 - 1946年
  • 製作国フランス
  • 所蔵ポンピドゥー・センター (フランス)
  • 種類油彩、キャンバス
  • 高さ125cm
  • 横幅125cm
  • 投稿日
  • 編集者
  • ミモザの見えるアトリエの感想を書き込む

    こちらで、ぜひ本作品の感想やエピソードを教えてください。作品に関する質問もお気軽にどうぞ。