作品概要

ル・カネの風景》は、画家のピエール・ボナールによって制作された作品。制作年は1945年から1945年で、ボナール美術館に所蔵されている。

詳細な画像を見る

《ル・カネの風景》は、フランスの画家ピエール・ボナールによって1945年に制作された油彩画である。ボナール美術館に所蔵されている。

日常の場面を描いた画家

ピエール・ボナールは、ナビ派(ナビは「預言者」という意味)と呼ばれる画家グループのメンバーであり、平らな色の領域を使用し、3次元的立体表現を放棄するというナビ派の原則に従っていた。しかし、ボナールはナビ派のメンバーではあったものの、曖昧な象徴主義の主題には興味がなく、神秘主義者でもなかった。代わりに、彼は周りのシンプルな日常生活の場面に満足しており、魅了されていた。このため、彼は身近な場面を描く画家と言う意味で「親密派」と呼ばれてきた。

何よりも色を重視したボナールは、多くの作品を記憶から描き、正確な人や場所ではなく、瞬間の精神を多彩な色で捉えた。

抽象的な風景画

タイトルがなければ、この作品は完全に抽象画であり、風景の深みではなく平面が強調されているように見えるかもしれない。ケバケバとした形の領域は、ゴーギャンの作品を連想させる。フランスの南部でこの風景を描いたボナールの表現方法は、輪郭を必要としなかった。形状は、ここに見られるように、単なる色の変化として読み取ることができる。

画家の死の2年前に描かれたこの絵は、ボナールの後期作品の一例としての役割を果たしており、モネの後期作品や印象派のような抽象的な描写が使用されている。

作品をもっと見る

基本情報・編集情報

  • 画家ピエール・ボナール
  • 作品名ル・カネの風景
  • 英語名Landscape at Le Cannet
  • 分類絵画
  • 制作年1945年 - 1945年
  • 製作国フランス
  • 所蔵ボナール美術館 (フランス)
  • 種類油彩、キャンバス
  • 高さ不明
  • 横幅不明
  • 投稿日
  • 編集者
  • ル・カネの風景の感想を書き込む

    こちらで、ぜひ本作品の感想やエピソードを教えてください。作品に関する質問もお気軽にどうぞ。