作品概要

乳母たちの散歩、辻馬車の列》は、画家のピエール・ボナールによって制作された作品。制作年は1897年から1897年で、オルセー美術館に所蔵されている。

詳細な画像を見る

《乳母たちの散歩、辻馬車の列》は、フランスの画家ピエール・ボナールによって1897年に制作されたリトグラフ作品である。オルセー美術館に所蔵されている。

日本の屏風に影響を受けた作品

ピエール・ボナールは、キャリアの初期から日本の屏風に惹かれていた。彼は《庭の女性たち》(1891年)などにおいて、一連の装飾パネルとして屏風風の作品を制作している。

4パネルから成る本作は、屏風風作品への3度目の試みであり、より野心的なものである。ボナールは、実際に見たモチーフが空白の画面の上に並べられた単一の作品を最初に制作した。穏やかなユーモアで描かれた若い女性と少年の姿は、空間の周りで際立っている。より小さく描かれた乳母、犬および馬車は、深みの印象を与えている。

描写

この作品は、その控えめな表現、無駄のない線、リズムといった点で特徴的である。ボナールは人物たちを非対称に配置し、空白の部分とバランスをとっている。シルエットの装飾的な使用は、アール・ヌーボー様式と日本の浮世絵の両方から影響を受けている。

ここでボナールは、いくつかの要素で多くの効果を達成するという、非常に無駄のない方法を採用している。その一例は、白を複数の方法で機能させるものである。ボナールは白で顔を塗りつぶし、人物の衣装にも白を取り入れている。犬の生き生きとした線形アラベスクは、その体積を示するような方法で機能している。

装飾効果のための人物の歪みを通して、ボナールは壁の2次元性を主張する装飾的な非現実世界を創り出し、それによって芸術と建築を結びつけた。

家にある絵画、高額で売りませんか?

ピエール・ボナールと思われる作品など、もし家に絵画や骨董品がある場合、こたろうで無料査定してみませんか?日本全国で出張買取可能、高額査定、現金支払いなど、メールや電話で気軽に査定することが出来ます。

骨董品・古美術品・絵画を無料査定
作品をもっと見る

基本情報・編集情報

  • 画家ピエール・ボナール
  • 作品名乳母たちの散歩、辻馬車の列
  • 英語名Nannies Promenade, Frieze of Carriages
  • 分類絵画
  • 制作年1897年 - 1897年
  • 製作国フランス
  • 所蔵オルセー美術館 (フランス)
  • 種類リトグラフ
  • 高さ143cm
  • 横幅85cm
  • 投稿日
  • 編集者
  • 乳母たちの散歩、辻馬車の列の感想を書き込む

    こちらで、ぜひ本作品の感想やエピソードを教えてください。作品に関する質問もお気軽にどうぞ。