作品概要

ベッドでまどろむ女》は、画家のピエール・ボナールによって制作された作品。制作年は1899年から1899年で、オルセー美術館に所蔵されている。

詳細な画像を見る

《ベッドでまどろむ女》は、フランスの画家ピエール・ボナールによって1899年に制作された油彩画である。オルセー美術館に所蔵されている。

描写

官能への称賛として描かれたこの作品は、コントラストに依存している作品である。作品のタイトルからして、すでに描かれた姿勢とは相反するものとなっている。

緊張した筋肉を持つ女性の体は、休息や怠惰といった意図を伝えはしない。同様に、胸に乗せられた腕は、開いた脚と矛盾している。身体のうねった線としわのよったシーツの暗い影によって現れる曲がりくねった線が、画面全体に広がっている。女性の太ももと足首を横切って漂う蛍光ブルーの煙と、ベッドの向こう側に広がる豪華な黒い髪は、絵のエロティックな性質を強調している。

理想化されていない裸体

この作品は、親密な環境の中に人物を埋め込んだボナール作品の良い例である。画家は、影に隠されている顔を見ることができるような、対角の視点を採用している。筆遣いは印象派のそれと似ているが、まるでのぞき見しているかのように、ほとんどエロティックといえるほどの親密でムーディーな雰囲気を作り出した。さらに、これは、ティツィアーノやルーベンスのような、記念碑的、あるいは理想化された裸体とはいえない。この作品は、自然な姿勢と抑制の欠如において、当時の他の裸体画から区別される。実際、ボナールは、こうした「モダン」な裸体の導入者と信じられている。

家にある絵画、高額で売りませんか?

ピエール・ボナールと思われる作品など、もし家に絵画や骨董品がある場合、こたろうで無料査定してみませんか?日本全国で出張買取可能、高額査定、現金支払いなど、メールや電話で気軽に査定することが出来ます。

骨董品・古美術品・絵画を無料査定
作品をもっと見る

基本情報・編集情報

  • 画家ピエール・ボナール
  • 作品名ベッドでまどろむ女
  • 英語名Woman Dozing on a Bed
  • 分類絵画
  • 制作年1899年 - 1899年
  • 製作国フランス
  • 所蔵オルセー美術館 (フランス)
  • 種類油彩、キャンバス
  • 高さ96cm
  • 横幅106cm
  • 投稿日
  • 編集者
  • ベッドでまどろむ女の感想を書き込む

    こちらで、ぜひ本作品の感想やエピソードを教えてください。作品に関する質問もお気軽にどうぞ。