作品概要

ヘルミンガム・パークの谷》は、画家のジョン・コンスタブルによって制作された作品。制作年は1830年から1830年で、ネルソン・アトキンス美術館に所蔵されている。

詳細な画像を見る

《ヘルミンガム・パークの谷》は、イギリスの画家ジョン・コンスタブルによって1830年に制作された油彩画である。ネルソン・アトキンス美術館に所蔵されている。

イギリスを代表する風景画家

19世紀の風景画に革命をもたらしたジョン・コンスタブルは、ヨーロッパの美術界、特にフランスに大きな影響をもたらした。コンスタブルは、理想化された風景画から離れ、詳しい観察による写実的な描写を好んだ。故郷サフォークを描いた風景画の他、100点を超える肖像画や、油彩で描いた膨大な数のスケッチも制作している。彼のスケッチは細部描写を欠いている点で先駆的であり、印象主義的であった。コンスタブルの目的は、媒体や技術にかかわらず、真に写実的な方法で実際に目で見た風景を描写することであった。

記憶により描かれた後期作品

この作品が示すように、ジョン・コンスタブルの細部まで描かれた風景は、ロマン主義運動によって採択された自然に対する新しい態度の特徴でもあった。彼は最初、1800年にこの谷を訪れ、友人に次のように書いている。

「ここヘルミンガム・パークの樫の木や孤独の中では、まったく一人です。あらゆる種類の豊かな木があります。」

彼は1814年に再度ここを訪れている。しかし本作は、記憶により描かれた後期作品である。コンスタブルは、前景に牛、遠くに鹿を描くことで、素朴な雰囲気を高めている。彼の技法は緩やかで自由であり、それにより描かれている木々は、風の中で揺れ動いているように見える。

作品をもっと見る

基本情報・編集情報

  • 画家ジョン・コンスタブル
  • 作品名ヘルミンガム・パークの谷
  • 英語名The Dell at Helmingham Park
  • 分類絵画
  • 制作年1830年 - 1830年
  • 製作国イギリス
  • 所蔵ネルソン・アトキンス美術館 (アメリカ)
  • 種類油彩、キャンバス
  • 高さ113.35cm
  • 横幅130.81cm
  • 投稿日
  • 編集者
  • ヘルミンガム・パークの谷の感想を書き込む

    こちらで、ぜひ本作品の感想やエピソードを教えてください。作品に関する質問もお気軽にどうぞ。