作品概要

虹のハムステッド・ヒース》は、画家のジョン・コンスタブルによって制作された作品。制作年は1836年から1836年で、テート・ブリテンに所蔵されている。

詳細な画像を見る

ハムステッドの風景

コンスタブルは1819年から1826年にかけて、ロンドンの北にあるハムステッドに家を借り、夏をそこで過ごした。ハムステッドは、ロンドンの近くにありながら、緑の豊かな土地として知られている。コンスタブルはハムステッドにおいて、多くの素描、油彩スケッチ、周囲の風景画を制作した。

ロイスダールの影響

コンスタブルは1837年に亡くなり、ハムステッドに埋葬された。その当時、ハムステッドはまだ田舎であったが、コンスタブルはここで風景と同じくらい空を多く描いた。この1836年の作品は、コンスタブルによる最後のハムステッド作品である。彼は想像上の風車を場面に追加している。これはおそらく、オランダの巨匠風景画家であるヤーコプ・ファン・ロイスダールの影響であると考えられる。

頻繁に描かれた虹

ヒースの上の暗い雲を横切る虹は、象徴的である。コンスタブルは、他の作品においても多く虹を描いている。特に1828年に妻マリアが死去して以降、虹を希望や復活の象徴として多く描いた。ロマン主義運動において、虹は希望の象徴として、美しい束の間の現象として広く使用された。コンスタブル自身は、「自然は、その美しさのさまざまな側面のすべてにおいて、虹ほどに穏やかな反射を目覚めさせる美しいものはない」と書いている。コンスタブルは雲のような大気の移り変わりだけでなく、虹のような光学現象にも深く関心を持っていた。

作品をもっと見る

基本情報・編集情報

  • 画家ジョン・コンスタブル
  • 作品名虹のハムステッド・ヒース
  • 英語名Hampstead Heath with a Rainbow
  • 分類絵画
  • 制作年1836年 - 1836年
  • 製作国イギリス
  • 所蔵テート・ブリテン (イギリス)
  • 種類油彩、キャンバス
  • 高さ50.8cm
  • 横幅76.2cm
  • 投稿日
  • 編集者
  • 虹のハムステッド・ヒースの感想を書き込む

    こちらで、ぜひ本作品の感想やエピソードを教えてください。作品に関する質問もお気軽にどうぞ。