作品概要

アルレスフォード・ホール》は、画家のジョン・コンスタブルによって制作された作品。制作年は1816年から1816年で、ビクトリア国立美術館に所蔵されている。

詳細な画像を見る

《アルレスフォード・ホール》は、イギリスの画家ジョン・コンスタブルによって1816年に制作された油彩画である。ビクトリア国立美術館に所蔵されている。

パトロンのために描いた風景画

19世紀の卓越した風景画家の一人であるジョン・コンスタブルは、この小さな風景画とより大きな連画、《ワイブンホー・パーク》(ワシントン・ナショナル・ギャラリー蔵)を、友人でありパトロンのフランシス・スレーター・リボー将軍に1816年の夏の終わりに依頼された。その年の8月21日、画家はその婚約者、マリア・ビックネルに次のように手紙を書いている。コンスタブルはこの仕事によって結婚資金を得て、同年10月にビックネルと結婚している。

「愛する人へ 私は月曜日、リボー将軍のもとから戻った。私は、将軍のためにの2つの小さな風景を描いた。一つは公園と美しい木々と池、もう1つは若い女性が釣りをする美しい小さな釣り小屋の場面です」

描写

この絵は、アルレスフォード・ホールにある「小さな釣り小屋」を描いている。これは、リボー将軍の義父のために1770年代に建てられたもので、おしゃれなシノワズリ様式のものである。18世紀半ば、こうした中国式庭園パビリオンは、湖や池の横に建てられ、釣りや船遊びなどの非公式なパーティーに使用された。

コンスタブルの描いた場面の細部(まだらな光、静かな湖面に浮かぶユリ、かすめ飛ぶツバメたち)は、晩夏という季節だけでなく、午後という時刻も示している。

作品をもっと見る

基本情報・編集情報

  • 画家ジョン・コンスタブル
  • 作品名アルレスフォード・ホール
  • 英語名The Quarters behind Alresford Hall
  • 分類絵画
  • 制作年1816年 - 1816年
  • 製作国イギリス
  • 所蔵ビクトリア国立美術館 (オーストラリア)
  • 種類油彩、キャンバス
  • 高さ33.5cm
  • 横幅51.5cm
  • 投稿日
  • 編集者
  • アルレスフォード・ホールの感想を書き込む

    こちらで、ぜひ本作品の感想やエピソードを教えてください。作品に関する質問もお気軽にどうぞ。