作品概要

ハムステッドから望むロンドン、二重の虹》は、画家のジョン・コンスタブルによって制作された作品。制作年は1831年から1831年で、大英博物館に所蔵されている。

詳細な画像を見る

《ハムステッドから望むロンドン、二重の虹》は、イギリスの画家ジョン・コンスタブルによって1831年に制作された油彩画である。大英博物館に所蔵されている。

妻マリアとの思い出の風景

コンスタブルと彼の妻マリアは、新鮮な空気がマリアの結核の症状を和らげることを期待し、1819年にハムステッドに引っ越した。1827年の夏、彼らはロンドンの素晴らしい景色が見えるハムステッドのウェルウォークの家に移った。コンスタブルは、次のように書いている。
「妻は心から満足している。われわれの小さな客間は、ヨーロッパ中で比類なき眺めを見せてくれる。セントポール大聖堂のドームが見える空は、ミケランジェロがパンテオンを賞賛したという気持ちを理解させてくれる。」

注意深い観察による描写

この水彩画は、ハムステッド・ヒースの緑と、左下にセント・ポール大聖堂のドームが見える眺めを示している。光の軸と二重の虹で分かれた紫色の空は、コンスタブルが注意深く天候を観察したことを表している。裏には、「1831年6月の夕方、6時から7時の間」と正確な日時が書かれている。

亡き妻への思い

コンスタブルの妻マリアは、1828年に死去した。自然界の象徴主義に関する理想が絶えず変化したコンスタブルは、折に触れ、虹を復活の象徴とみなした。亡くなった妻が気に入っていた眺めを見つめることで、コンスタブルは慰められていたのかもしれない。

作品をもっと見る

基本情報・編集情報

  • 画家ジョン・コンスタブル
  • 作品名ハムステッドから望むロンドン、二重の虹
  • 英語名London from Hampstead, with a double rainbow
  • 分類絵画
  • 制作年1831年 - 1831年
  • 製作国イギリス
  • 所蔵大英博物館 (イギリス)
  • 種類水彩、紙
  • 高さ19.7cm
  • 横幅32cm
  • 投稿日
  • 編集者
  • ハムステッドから望むロンドン、二重の虹の感想を書き込む

    こちらで、ぜひ本作品の感想やエピソードを教えてください。作品に関する質問もお気軽にどうぞ。