作品概要

平和の祝典》は、画家のジョン・コンスタブルによって制作された作品。制作年は1814年から1814年で、ブダペスト国立西洋美術館に所蔵されている。

詳細な画像を見る

写実的な風景を描いた画家

イギリスの革命的な風景画家であるジョン・コンスタブルは、ヨーロッパ、とくにフランスに多大な影響を与えた画家である。コンスタブルは当時の基準であった高く理想化された風景画から遠ざかり、細かな観察による自然界の写実的な描写を好んだ。作品としては、ストー渓谷周辺を描いた牧歌的な作品群が最も有名である。コンスタブルの目的は、媒体や技術にかかわらず、真に写実的な方法でもって、実際に目で見た風景を描写することであった。

主題

この作品は、1815年6月18日のワーテルローの戦いの勝利を記念して描かれたものであると学者たちに長らく考えられてきた。しかし、関連する研究図に基づいて解釈すると、これは1814年7月9日に交わされた平和条約を祝い、イースト・ベルゴット村の貧しい人々のために行なわれた行進を記録したものだと思われる。地元の人々は、勝利した兵士たちを町の広場で出迎え、敗北した敵を象徴するナポレオンの制服を人形に掛けている。

描写

コンスタブルは祝典の最中、ノートに素早くスケッチをしたが、まだその余韻が残るうちに筆を持ち、新鮮な色と自信のある筆遣いをもってキャンバスに臨んだ。その結果が、この小さな作品である。晴れた朝、勝利に酔う人々の気持ちを記録している。コンスタブルは、空を横切る雲、木々の葉、勝利の旗を羽ばたかせる風を表現するのに、等しく平等な喜びを感じていた。

作品をもっと見る

基本情報・編集情報

  • 画家ジョン・コンスタブル
  • 作品名平和の祝典
  • 英語名The Celebration of the General Peace of 1814 in East Bergholt
  • 分類絵画
  • 制作年1814年 - 1814年
  • 製作国イギリス
  • 所蔵ブダペスト国立西洋美術館 (ハンガリー)
  • 種類油彩、キャンバス
  • 高さ23cm
  • 横幅33.5cm
  • 投稿日
  • 編集者
  • 平和の祝典の感想を書き込む

    こちらで、ぜひ本作品の感想やエピソードを教えてください。作品に関する質問もお気軽にどうぞ。