作品概要

ハムステッド・ヒース、池と水浴びをする人々》は、画家のジョン・コンスタブルによって制作された作品。制作年は1821年から1821年で、ケンウッド・ハウスに所蔵されている。

詳細な画像を見る

風景画家コンスタブル

19世紀の風景画に革命をもたらしたジョン・コンスタブルは、ウィリアム・ターナーと同様、ヨーロッパの美術、特にフランスで大きな影響力を持った。コンスタブルは、当時の基準であった高度に理想化された風景画から遠ざかり、詳細な観察による自然界の写実的な描写を好んだ。コンスタブルの目的は、そのキャリアを通して、媒体や技術にかかわらず、真に写実的な方法で実際に目で見た風景を描写することであった。

ハムステッドの風景

コンスタブルは、1819年にロンドン近郊のハムステッドに移住している。ハムステッドは、ロンドンの近くにありながら、緑の豊かな土地として知られている。本作は、ハムステッド・ヒースのブランチ・ヒル・ポンドの眺めを描いている。本作の裏側の解説文には、「1811年7月19日、戴冠式の夕方。北から西の空は曇って荒れているが、嵐にはならなかった」と書かれている。コンスタブルはハムステッドにおいて絵画制作する際、この池の眺めを頻繁に選んだ。

この時期に集中的に取り組んだ空

同じ時期に、彼は視点が完全に水平線上にある空の習作を描いていた。画家が風景画に空の景色を選んだ頻繁さは、コンスタブルを鋭いアマチュアの気象学者であったと言っていいほどであった。ハムステッドはコンスタブルにとって、空と土地をキャンバス上で融合させることに体系的に取り組むための、理想的な場所であった。

作品をもっと見る

基本情報・編集情報

  • 画家ジョン・コンスタブル
  • 作品名ハムステッド・ヒース、池と水浴びをする人々
  • 英語名Hampstead Heath with ponds and bathers
  • 分類絵画
  • 制作年1821年 - 1821年
  • 製作国イギリス
  • 所蔵ケンウッド・ハウス (イギリス)
  • 種類油彩、キャンバスに貼った厚紙
  • 高さ24.1cm
  • 横幅29.2cm
  • 投稿日
  • 編集者
  • ハムステッド・ヒース、池と水浴びをする人々の感想を書き込む

    こちらで、ぜひ本作品の感想やエピソードを教えてください。作品に関する質問もお気軽にどうぞ。