作品概要

》は、画家のジョン・コンスタブルによって制作された作品。制作年は1822年から1822年で、ビクトリア国立美術館に所蔵されている。

詳細な画像を見る

詳細に観察された空

この作品は、コンスタンブルが1821年から1822年の間にハムステッドで制作した約50の現存する作品の一つである。同時期に、100以上の習作が描かれたと推定されている。コンスタブルは、壮大な風景画のために、さまざまな気象条件を正確に記録するために、こうした習作に熱心に取り組んだ。彼は、空こそが風景画にとって最も重要なものだと考えていた。1821年、コンスタブルは親友のジョン・フィッシャーに次のように手紙を書いている。

「空を構成の重要な部分にしていない風景画家は、その偉大な助けの一つを利用することを怠っている。空が「基調」であり「スケールの基準」、そして「感情の主体」となっていない風景画の類を挙げるのは難しい。空は自然において光の源であり、すべてを支配している。」

風景画における空

空はコンスタブルにとって非常に重要な要素であった。そのため、彼のアプローチは科学的整然さを持ったものだった。その観察の本質は、本作の裏にある解説文によって示されている。

「1822年9月5日10時、朝、東南を望む。非常に活発な西風が吹いている。とても明るく、新鮮な灰色の雲は、黄色い山の上空でとても速く流れている。オズミントンの海岸にとてもふさわしい」

オズミントンは、ドーセットの海岸沿いの小さな町である。コンスタブルは、1816年に新婚旅行でこの地に滞在している間、このエリアやその周辺をスケッチし、1824年にはそれらのスケッチに基づいた数々の作品を描いた。

作品をもっと見る

基本情報・編集情報

  • 画家ジョン・コンスタブル
  • 作品名
  • 英語名Clouds
  • 分類絵画
  • 制作年1822年 - 1822年
  • 製作国イギリス
  • 所蔵ビクトリア国立美術館 (オーストラリア)
  • 種類油彩、厚紙
  • 高さ30cm
  • 横幅48.8cm
  • 投稿日
  • 編集者
  • 雲の感想を書き込む

    こちらで、ぜひ本作品の感想やエピソードを教えてください。作品に関する質問もお気軽にどうぞ。