作品概要

ストーンヘンジ》は、画家のジョン・コンスタブルによって制作された作品。制作年は1835年から1835年で、ヴィクトリア&アルバート博物館に所蔵されている。

詳細な画像を見る

《ストーンヘンジ》は、イギリスの画家ジョン・コンスタブルによって1835年に制作された油彩画である。ヴィクトリア&アルバート博物館に所蔵されている。

辛い時期に描かれた作品

コンスタブルは、妻のマリア、親友のジョン・フィッシャーが死去し、二人の息子が家を出てしまった辛い時期に、この水彩画を描いた。彼はおそらく、個人的な不幸を子の憂鬱な本作で表現している。

この絵画は、1836年夏のロイヤルアカデミー展に出展された。カタログのこの絵画に関する解説は、「無限のヒースの大地に立つ神秘的な記念碑は、現在の用途と同じように過去の出来事とはまったく無関係に、すべての歴史的な記録を超え、完全に未知の時代の暗がりに我々を連れ戻す」と書かれている。これはおそらく、コンスタブル自身によって書かれた解説文である。

希望の象徴である虹

コンスタブルは、後の作品においても、二重の虹というモチーフを再利用している。ロマン主義運動において、虹は希望の象徴として、美しい束の間の現象として広く使われた。コンスタブル自身は、「自然の美しさのさまざまな側面のすべてにおいて、虹ほどに穏やかな反射を目覚めさせる美しいものはない」と書いている。

ここでは、虹の象徴的な意味は揺らいでいる。彼はしばしば作品の中で、特定のシンボルを際立たせたが(例えばこの遺跡は、妻を失った後の彼自身である)、それは時には、単純に観察された自然に過ぎなかった。虹は、「再び昇る太陽の希望」という象徴以上のものを意味してはいない。

作品をもっと見る

基本情報・編集情報

  • 画家ジョン・コンスタブル
  • 作品名ストーンヘンジ
  • 英語名Stonehenge
  • 分類絵画
  • 制作年1835年 - 1835年
  • 製作国イギリス
  • 所蔵ヴィクトリア&アルバート博物館 (イギリス)
  • 種類水彩
  • 高さ38.7cm
  • 横幅59.7cm
  • 投稿日
  • 編集者
  • ストーンヘンジの感想を書き込む

    こちらで、ぜひ本作品の感想やエピソードを教えてください。作品に関する質問もお気軽にどうぞ。