作品概要

ウォリックシャーのマルヴァーンホール》は、画家のジョン・コンスタブルによって制作された作品。制作年は1809?年から1809?年で、テート・ギャラリーに所蔵されている。

詳細な画像を見る

《ウォリックシャーのマルヴァーンホール》は、イギリスの画家ジョン・コンスタブルによって1809年頃に制作された油彩画である。テート・ギャラリーに所蔵されている。

写実的な風景画家

ジョン・コンスタブルは、自然を直接見て風景を描いた、イギリスの偉大な画家の一人である。純粋で影響を受けない表現を追求した彼の作品のほとんどは、故郷のサフォークの風景を描いた静かで写実的な風景画となっている。コンスタブルの目的は、そのキャリアを通して、媒体や技術にかかわらず、真に写実的な方法で実際に目で見た風景を描写することであった。

印象派を予期した作品

コンスタブルは、当時の基準であった高度に理想化された風景画から遠ざかり、詳細な観察による自然界の写実的な描写を好んだ。コンスタブルの自然に対する研究は、1809年頃に制作されたこの作品にもはっきりと現われている。場面は静かであり、感傷的でも劇的でもない。だが、その冷たい客観性にもかかわらず、この作品は揺らめく光に満ちており、印象派の作品を予期したものとなっている。

描写

広い池越しに、丘に立つ邸宅が見える。本作は、17世紀のに描かれた貴族の邸宅の絵の長い伝統を呼び起こすものとなっている。公式の依頼作ではなく、コンスタブル自身の興味から描かれたもののようである。太陽は木の下に沈んでおり、家の後ろの芝生には長い影が落ちている。空にはカラスの群れが飛んでいる。

作品をもっと見る

基本情報・編集情報

  • 画家ジョン・コンスタブル
  • 作品名ウォリックシャーのマルヴァーンホール
  • 英語名Malvern Hall in Warwickshire
  • 分類絵画
  • 制作年1809?年 - 1809?年
  • 製作国イギリス
  • 所蔵テート・ギャラリー (イギリス)
  • 種類油彩、キャンバス
  • 高さ51.4cm
  • 横幅76.8cm
  • 投稿日
  • 編集者
  • ウォリックシャーのマルヴァーンホールの感想を書き込む

    こちらで、ぜひ本作品の感想やエピソードを教えてください。作品に関する質問もお気軽にどうぞ。