作品概要

雪のある風景》は、画家のフィンセント・ファン・ゴッホによって描かれた作品。制作年は1888年から1888年で、ソロモン・R・グッゲンハイム美術館に所蔵されている。

詳細な画像を見る

「雪のある風景」は、1888年にフィンセント・ファン・ゴッホによって制作された。アルルに移り住み、最初に描かれた作品の一つと言われている。1882年〜1889年にかけて、雪の風景を題材として描いた油彩画や水彩画の作品、少なくとも10点のうちの1点と思われる。地平線に沿うモン・マジュールの丘を背景にラ・クロー平原が描かれている。

本作品を描いた当時、ゴッホは35歳であった。南フランスのアルルに移り住み、アルル、ニーム、またアビニョン地域の農家や人々を描き、最高傑作をいくつも生み出し、有名な画家としての高い地位を築いた。この地域はオランダ、パリとは少し異なり、人々の髪や肌は暗く、フランス語よりもよりスペイン語に近い言語を話し、強い色彩感覚を持った。地形は平原から山地にかけて様々であった。ここでゴッホは、強い明るさと光は、細部の色をぼやけさせて、構造をシンプルにすることに気付く。また、ゴッホが称賛する日本の浮世絵の技法から多分に影響されていく。太陽光は、作品の線画を強め、色の陰影を弱め、多少の鮮明な対比を作り出す効果があった。

1888年2月ゴッホがアルルに辿り着いた時、記録的な寒さのため、地面は雪で覆われていた。本作品の製作時、雪は溶け始めたようだ。ゴッホの弟であるテオに宛てた1888年2月24付け手紙の中で、何日もかけて三つの作品を完成したことが記されている。その一つが本作品「雪のある風景」である。

基本情報・編集情報

  • 画家フィンセント・ファン・ゴッホ
  • 作品名雪のある風景
  • 制作年1888年-1888年
  • 製作国不明
  • 所蔵ソロモン・R・グッゲンハイム美術館
  • 種類油絵具/キャンバス
  • 高さ38cm
  • 横幅46cm
  • 更新日
  • 投稿日
  • 編集者
  • 雪のある風景の感想を書き込む

    こちらで、ぜひ本作品の感想やエピソードを教えてください。作品に関する質問もお気軽にどうぞ。