作品概要

デダムの水門と水車場》は、画家のジョン・コンスタブルによって制作された作品。制作年は1820年から1820年で、ヴィクトリア&アルバート博物館に所蔵されている。

詳細な画像を見る

《デダムの水門と水車場》は、イギリスの画家ジョン・コンスタブルによって1820年に制作された油彩画である。ヴィクトリア&アルバート博物館に所蔵されている。

美しい故郷の風景を描いた傑作

画家の故郷にあるこの水門と水車場は、コンスタブルの父親が所有し運営していたものである。背景には、デダムの教会が描かれている。コンスタブルは少年時代、ストー川とその周辺で多くの時間を過ごした。コンスタブルは1817年に妻のマリアとともにサフォークで長期の休暇を取っており、この風景のスケッチはその時期に開始されたものだと思われる。この作品は同主題の3番目、そして最後のバージョンであり、巧みに編成された構成に関するコンスタブルの最終的な考えを表している。画家の最も美しく、有名な作品の一つであるといえるだろう。

描写

雨の後で雨雲の間から日光が差しており、草や葉は光の中で明るく輝いている。このような光の効果はコンスタブルの目標であり、彼の人生と作品における主な目的であった。しかし本作には、実際の風景の雰囲気の観察記録であると同時に、ロマン派の歴史の中で後に大きな場所を占めることになった、コンスタブルの初期の田舎に対する感情の熱心な表現が共存している。彼自身はこう書いている。

「絵は私にとって感情を表現する別の言葉である。私は”不注意な少年時代”をストー川岸にあるすべてのものと結びつける。その風景は私を画家にしてくれた。このことに私は感謝している」

作品をもっと見る

基本情報・編集情報

  • 画家ジョン・コンスタブル
  • 作品名デダムの水門と水車場
  • 英語名Dedham Lock and Mill
  • 分類絵画
  • 制作年1820年 - 1820年
  • 製作国イギリス
  • 所蔵ヴィクトリア&アルバート博物館 (イギリス)
  • 種類油彩、キャンバス
  • 高さ53.7cm
  • 横幅76.2cm
  • 投稿日
  • 編集者
  • デダムの水門と水車場の感想を書き込む

    こちらで、ぜひ本作品の感想やエピソードを教えてください。作品に関する質問もお気軽にどうぞ。