作品概要

水門》は、画家のジョン・コンスタブルによって制作された作品。制作年は1824年から1824年で、ティッセン=ボルネミッサ美術館に所蔵されている。

詳細な画像を見る

《水門》は、イギリスの画家ジョン・コンスタブルによって1824年に制作された油彩画である。ティッセン=ボルネミッサ美術館に所蔵されている。

ストー渓谷の風景

イギリスの画家ジョン・コンスタブルは、ヨーロッパの風景画家の一人である。その光や色の扱いは、後のバルビゾン派や印象派の画家などに崇拝された。

描かれているのは、ストー川のフラットフォード・ミルの水門である。彼の父はこの水門の所有者であり、コンスタンブルは子供時代からこの場所を知っていた。1812年から1825年までロイヤルアカデミーで展示されたすべてのコンスタブル作品は、このストー渓谷の景色を描いたものである。

描写と効果

コンスタブルは屋外でスケッチを行い、大判のキャンバスに仕上げた。本作の準備として、コンスタブルは1823年の春、ロンドンのハムステッドにある自宅からデダムに赴いた。完成した絵はスケッチに忠実ではなく、絵のメッセージに添うように自然な外観へと変えている。

主な効果は、とりわけ光の処理によって特徴づけられる風景そのものに由来している。光は、実際に鑑賞者の目の前で変動しているように見える。様々な密度の雲の下での光の効果の描き分けにおいて、コンスタブルは、17世紀のオランダのバロック様式の風景画、特にヤーコプ・ファン・ロイスダールのものから大きく影響を受けていた。この作品では、白いインパストによって水面を表現する技術において、ロイスダールの技術を模倣している。

作品をもっと見る

基本情報・編集情報

  • 画家ジョン・コンスタブル
  • 作品名水門
  • 英語名The Lock
  • 分類絵画
  • 制作年1824年 - 1824年
  • 製作国イギリス
  • 所蔵ティッセン=ボルネミッサ美術館 (スペイン)
  • 種類油彩、キャンバス
  • 高さ142.2cm
  • 横幅120.7cm
  • 投稿日
  • 編集者
  • 水門の感想を書き込む

    こちらで、ぜひ本作品の感想やエピソードを教えてください。作品に関する質問もお気軽にどうぞ。