作品概要

ブライトンのチェイン埠頭》は、画家のジョン・コンスタブルによって制作された作品。制作年は1826年から1827年で、テート・ギャラリーに所蔵されている。

詳細な画像を見る

《ブライトンのチェイン埠頭》は、イギリスの画家ジョン・コンスタブルによって1826年から1827年にかけて制作された油彩画である。テート・ギャラリーに所蔵されている。

イギリスを代表する風景画家

19世紀の風景画に革命をもたらしたジョン・コンスタブルは、ウィリアム・ターナーと同様、ヨーロッパの美術界に大きな影響をもたらした。コンスタブルは、当時の基準であった理想化された風景画から離れ、詳しい観察による写実的な描写を好んだ。風景画の他、100点を超える肖像画や、油彩で描いた膨大な数のスケッチも制作している。彼のスケッチは、展覧会に出品したキャンバス作品よりも細部描写を欠いており、印象主義的である。コンスタブルの目的は、媒体や技術にかかわらず、真に写実的な方法で実際に目で見た風景を描写することであった。

にぎわうビーチの風景

コンスタブルは1824年にブライトンへ行き、妻のマリアの健康状態を回復させようとした。1820年代半ばにはブライトンを頻繁に訪れ、多くの絵やスケッチを描いた。本作は、ブライトンを主題とする唯一の大きなサイズの絵画である。

ブライトンは1820年代、海辺のおしゃれなリゾート地として発展しており、とても賑わっていた。ここでは、ブライトンの新しいホテル、居住地区、チェイン埠頭を背景に、ビーチの賑やかな様子を描いている。埠頭は、コンスタブルが初めて訪れる直前、1823年にオープンしたが、1896年に暴風によって破壊された。

作品をもっと見る

基本情報・編集情報

  • 画家ジョン・コンスタブル
  • 作品名ブライトンのチェイン埠頭
  • 英語名Chain Pier, Brighton
  • 分類絵画
  • 制作年1826年 - 1827年
  • 製作国イギリス
  • 所蔵テート・ギャラリー (イギリス)
  • 種類油彩、キャンバス
  • 高さ127cm
  • 横幅182.9cm
  • 投稿日
  • 編集者
  • ブライトンのチェイン埠頭の感想を書き込む

    こちらで、ぜひ本作品の感想やエピソードを教えてください。作品に関する質問もお気軽にどうぞ。