作品概要

朝と夕方を表現する天井》は、画家のテオドール・ファン・デル・シュエルによって制作された作品。制作年は1666年から1695年で、アムステルダム国立美術館に所蔵されている。

詳細な画像を見る

午前と夕方の寓意的な表現による天井。真ん中には太陽、その先に天使、葉や花など様々な装飾品が描かれている。元々は1678年に知事の中庭の一部にあるメアリー・ステュアートの寝室にあったものとされている。

作品をもっと見る

基本情報・編集情報

  • 画家テオドール・ファン・デル・シュエル
  • 作品名朝と夕方を表現する天井
  • 英語名Ceiling with representations of Morning and Evening
  • 分類絵画
  • 制作年1666年 - 1695年
  • 製作国不明
  • 所蔵アムステルダム国立美術館 (オランダ)
  • 種類キャンバスに油彩
  • 高さ305cm
  • 横幅506cm
  • 投稿日
  • 編集者
  • 朝と夕方を表現する天井の感想を書き込む

    こちらで、ぜひ本作品の感想やエピソードを教えてください。作品に関する質問もお気軽にどうぞ。