作品概要

ルステラの人々に神として崇拝される聖パウロとバルナバ》は、画家のヤコブ・シモンス・ピナスによって制作された作品。制作年は1628年から1628年で、アムステルダム国立美術館に所蔵されている。

詳細な画像を見る

ルステラで足の不自由な男を癒やした後、聖パウロとバルナバは神として崇められた。左にいる聖パウロは衣を裂き人々に説法し、バルナバは生贄を捧げようとする群衆を制している。右には腰掛けの隣に足の不自由な男がいる。生贄の雄牛を運ぶ長い行列があり、左にはジュピター神殿が描かれている。

作品をもっと見る

基本情報・編集情報

  • 画家ヤコブ・シモンス・ピナス
  • 作品名ルステラの人々に神として崇拝される聖パウロとバルナバ
  • 英語名Sts Paul and Barnabas worshipped as gods by the people of Lystra
  • 分類絵画
  • 制作年1628年 - 1628年
  • 製作国不明
  • 所蔵アムステルダム国立美術館 (オランダ)
  • 種類キャンバスに油彩
  • 高さ64cm
  • 横幅104.7cm
  • 投稿日
  • 編集者
  • ルステラの人々に神として崇拝される聖パウロとバルナバの感想を書き込む

    こちらで、ぜひ本作品の感想やエピソードを教えてください。作品に関する質問もお気軽にどうぞ。