作品概要

牧夫と畜牛》は、画家のパウルス・ポッテルによって制作された作品。制作年は1651年から1651年で、アムステルダム国立美術館に所蔵されている。

詳細な画像を見る

羊飼いと彼らの群れを描いた作品。古い木の下で女性が子供に乳を与えている。その後方には羊飼いである夫がバグパイ王を持って立っており、木の下には犬がいる。左側には牝牛、羊、山羊、ロバ、馬が丘の斜面で草を食んだり、休んだりしている。

作品をもっと見る

基本情報・編集情報

  • 画家パウルス・ポッテル
  • 作品名牧夫と畜牛
  • 英語名Herdsmen with their cattle
  • 分類絵画
  • 制作年1651年 - 1651年
  • 製作国不明
  • 所蔵アムステルダム国立美術館 (オランダ)
  • 種類キャンバスに油彩
  • 高さ81cm
  • 横幅97.5cm
  • 投稿日
  • 編集者
  • 牧夫と畜牛の感想を書き込む

    こちらで、ぜひ本作品の感想やエピソードを教えてください。作品に関する質問もお気軽にどうぞ。