作品概要

カラスのいる麦畑》は、画家のフィンセント・ファン・ゴッホによって描かれた作品。制作年は1890年から1890年で、ゴッホ美術館に所蔵されている。

詳細な画像を見る

《カラスのいる麦畑》はゴッホの1890年7月に描かれた51センチ×103.5センチの油彩作品である。

最後の作品

一般的に彼の最後の作品と言われているが、それついては賛否両論であり、「ドビーニの庭」など「カラスのいる麦畑」より後の作品がるとの指摘もある。本作は自殺する直前の1890年7月に、オーヴェルで描かれた。

画家は、このシーンについて短い覚書に「そこへ戻り、仕事に取り掛かった。筆はほとんど手から落ちかけていた…悲しみや極度の孤独を表現することは全く難しいことではない」と記している。

この絵が制作された時期に、ゴッホは弟のセオに当時取り組んでいる作品について「悲嘆、どうしようもない孤独感」が表現されていると同時に、「田舎の健康的で力強い風景」でもあると語っている。しかし、この作品が描かれてから少し後にゴッホは自殺を図っている。

作風

画家が作品の中でしばしば褒め称えてきた自然の楽しい要素は、ここでは威嚇するような色調を帯びている。熟しすぎたトウモロコシは、まるで燃え盛る炎のように振動している。上の方の空は暗く、単に絵をたたきつけるような大きな黒いカラスが、死を予兆するかのように、こちらへ向かってくる。

絵の構図までもが不安定で、地平線に向かって集まるのではなく、3本のでこぼこの道によって、前景に向かって引き寄せられている。横の2本はカンヴァスの外へ消えていき、真ん中の道は唐突に途切れている。画家と同じように、鑑賞者も身動きがとれないような感覚に陥る。また画家は絵の具をかなりかなり厚く塗り、表現を滑らかにしたり、慎重に絵を混ぜようとしなかった。このため、ゴッホの作品にはこれほどまでに激しく力強い活気が漲っているのである。

孤独の現れ

麦畑の真ん中と通る小道はどこへ続いているのか不明な点や、麦畑からあちこちへと飛び立つ沢山のカラスと上空を覆う劇的な空模様が、ゴッホの当時抱えていた深い孤独感の現れや不安や心の乱れの象徴と言われる。風に乱れる麦の広がる畑が画面の大部分、3分の2を占めている。

この絵全体的のイメージとして、ゴッホが人生の最期に到達してしまった予感と深い悲しみが現れているものと捉えられている。カラスは、不吉な前兆の象徴と言われる反面、古から天然の知恵を授かる生き物であり、また死のみではなく再生のシンボルとして登場しているという見方もある。

赤色と緑色の激しいコントラストが印象的な麦畑の中を通る道は、「巡礼者はその道のりの長さに悲嘆にくれるが、その道の終わりには『聖なる区域』が待っていることに喜びを感じる』とも言われ、ゴッホの描いた道が、「つらい道の終わりに近づいた喜び」の比喩でもあるという見識もある。

基本情報・編集情報

  • 画家フィンセント・ファン・ゴッホ
  • 作品名カラスのいる麦畑
  • 制作年1890年-1890年
  • 製作国不明
  • 所蔵ゴッホ美術館
  • 種類油彩、キャンパス
  • 高さ50cm
  • 横幅103cm
  • 更新日
  • 投稿日
  • 編集者
  • カラスのいる麦畑の感想を書き込む

    こちらで、ぜひ本作品の感想やエピソードを教えてください。作品に関する質問もお気軽にどうぞ。