作品概要

海辺にて》は、画家のピエール=オーギュスト・ルノワールによって描かれた作品。制作年は1883年から1883年で、メトロポリタン美術館に所蔵されている。

詳細な画像を見る

『海辺にて』はピエール・オーギュスト・ルノワールの1883年の油彩であり、現在はニューヨークのメトロポリタン美術館に収蔵されている。1881年から1882年にかけてルノワールはイタリアに旅行し、ルネサンス美術に深い感銘を受けた。旅行ののち、彼は新たな絵画技法を模索することとなる。

印象派とはちがい、輪郭と造形を強調し、野外の光と空気感を表現するという印象派の原則は重視しなくなった。ルノワールは自身の新たなアプローチを「乾いた」画風と称しており、ルノワールのそれまでの作品とは全く違ったのもになっている。

1883年の晩夏に、ルノワールはガーンジーの首都であるセントピーターポートに一月ほど滞在し、セントマーティンの岩場や岸壁などの素晴らしい景観を褒め称えた。彼は滞在中に15もの作品を描きはじめ、多くはパリのアトリエに戻って完成させた。

しかしながら、この作品『海岸にて』はガーンジーではなくルノワールのパリのアトリエで制作されたものだと考えられている。作中に描かれている海岸はおそらくチャネル諸島のものではなく、フランス・ノルマンディ地域のディエップという港町であろう。描かれている女性のモデルはルノワールの恋人であり、1890年に結婚するアリーヌ・シャリゴである。

弧を描く眉と生意気そうな鼻、そして、ぱら色の頬を持つ彼女の快活そうな容貌は、ルノワールの作品に度々登場する。この作品は1929年にアメリカの実業家であるヘンリー・オズボーン・ハヴェマイヤーにより、メトロポリタン美術館に寄贈された

基本情報・編集情報

  • 画家ピエール=オーギュスト・ルノワール
  • 作品名海辺にて
  • 制作年1883年-1883年
  • 製作国不明
  • 所蔵メトロポリタン美術館
  • 種類油彩
  • 高さ92.1cm
  • 横幅72.4cm
  • 更新日
  • 投稿日
  • 編集者
  • 海辺にての感想を書き込む

    こちらで、ぜひ本作品の感想やエピソードを教えてください。作品に関する質問もお気軽にどうぞ。