作品概要

劇場にて〜桟敷席》は、画家のピエール=オーギュスト・ルノワールによって描かれた作品。制作年は1874年から1874年で、コートルードギャラリーに所蔵されている。

詳細な画像を見る

1874年のルノワールによる作品『劇場にて〜桟敷席』は印象派絵画の名作であり、ロンドンにあるコートルードギャラリーのコレクションの中で最も有名な作品のひとつである。

印象派の関心のひとつは人々のモダンな生活を描くことであるが、劇場の桟敷席にいる優美なカップルのモチーフはその典型であろう。『劇場にて〜桟敷席』は1874年の第一回印象派展にルノワールが出品した作品の中でも目玉の作品であった。その複雑な主題と巧みな技術により、ルノワールはフランスにおける革新的な芸術運動である印象派のリーダーとしての評判を築いた。

画中のカップルのモデルはルノワールの弟エドモンと、モンマルトル出身で「魚のように無表情」なモデルとして知られたニニ・ロペスである。この作品の中心テーマは桟敷席に座るこの2人の視線から読み取ることができる。優美なドレスの女性はオペラグラスを下ろし、彼女のファンに自身の姿を見せている。一方で、連れの男性は全く別の観客席のどこかを熱心に見つめている。ルノワールは演劇そのものを描くのではなく、劇場を人々の地位や関係性があらわになる社交のステージとして表現した。

コートルードギャラリーには『劇場にて〜桟敷席』の小作品版も収蔵されている。この小作品は1874年の第一回印象派展の成功を受けてルノワールが制作したものと言われており、近年ロンドンのオークションでコートルードギャラリーが購入したものである。この作品の価格はオークションの予想の2倍にもなり評判となった。

基本情報・編集情報

  • 画家ピエール=オーギュスト・ルノワール
  • 作品名劇場にて〜桟敷席
  • 制作年1874年-1874年
  • 製作国不明
  • 所蔵コートルードギャラリー
  • 種類油彩
  • 高さ80cm
  • 横幅63.5cm
  • 更新日
  • 投稿日
  • 編集者
  • 劇場にて〜桟敷席の感想を書き込む

    こちらで、ぜひ本作品の感想やエピソードを教えてください。作品に関する質問もお気軽にどうぞ。