作品概要

ガーンジー島の海岸のこどもたち》は、画家のピエール=オーギュスト・ルノワールによって描かれた作品。制作年は1883年から1883年で、ボストン美術館に所蔵されている。

詳細な画像を見る

『ガーンジー島の海岸のこどもたち』は印象派の画家ピエール・オーギュスト・ルノワールによって描かれた油彩画である。岸壁に囲まれた入江で、パリから来たであろう洗練された身なりの子どもたちが陽光と海を楽しんでいる。

『ガーンジー島の海岸の子どもたち』はルノワールが1883年に夏を過ごしたイギリス、チャネル諸島のガーンジー島でのスケッチから着想を得て制作された作品である。この作品はガーンジー島の海岸で描かれたわけではなく、ルノワールがチャネル諸島での滞在中に書いたスケッチをもとにパリのアトリエに戻ってから制作されたものである。

ルノワールが所蔵していた本作は、のちにピカソやゴーギャン、マチス等の前衛的な作家を扱ったパリのバルバゾンジュ・ギャラリーを経てニューヨークのハワード・ヤング・ギャラリーに購入された。その後、1922年に絵画コレクターとして知られるボストンのジョン・テイラー・スパールディングの手にわたった。

スパールディングは日本の浮世絵やゴッホ、セザンヌ、ドガ、ラトゥール、シスレー、ルノワール等のヨーロッパの絵画6000点以上もコレクションしており、1921年から1948年にわたって、弟のウィリアムも併せて約8000点もの作品をポストン美術館に寄贈したといわれている。1948年にスパールディングが没すると、『ガーンジー島の海岸のこどもたち』はボストン美術館に寄贈されることとなった。現在では、ボストン美術館の最も重要な所蔵品のひとつとなっている。

基本情報・編集情報

  • 画家ピエール=オーギュスト・ルノワール
  • 作品名ガーンジー島の海岸のこどもたち
  • 制作年1883年-1883年
  • 製作国不明
  • 所蔵ボストン美術館
  • 種類油彩
  • 高さ91.4cm
  • 横幅66.4cm
  • 更新日
  • 投稿日
  • 編集者
  • ガーンジー島の海岸のこどもたちの感想を書き込む

    こちらで、ぜひ本作品の感想やエピソードを教えてください。作品に関する質問もお気軽にどうぞ。