作品概要

おそらくプッテン大尉、サロモン・ヴァン・ショーンホーヴェン(1617-1653)であろう、男の肖像》は、画家のヤコブ・ウィレムス・デルフによって制作された作品。制作年は1643年から1643年で、アムステルダム国立美術館に所蔵されている。

詳細な画像を見る

おそらくプッテン大尉、サロモン・ヴァン・ショーンホーヴェンであろう、男の肖像画。

家にある絵画、高額で売りませんか?

ヤコブ・ウィレムス・デルフと思われる作品など、もし家に絵画や骨董品がある場合、こたろうで無料査定してみませんか?日本全国で出張買取可能、高額査定、現金支払いなど、メールや電話で気軽に査定することが出来ます。

骨董品・古美術品・絵画を無料査定
作品をもっと見る

基本情報・編集情報

  • 画家ヤコブ・ウィレムス・デルフ
  • 作品名おそらくプッテン大尉、サロモン・ヴァン・ショーンホーヴェン(1617-1653)であろう、男の肖像
  • 英語名Portrait of a Man, thought to be Salomon van Schoonhoven (1617-1653), Lord Lieutenant of Putten
  • 分類絵画
  • 制作年1643年 - 1643年
  • 製作国不明
  • 所蔵アムステルダム国立美術館 (オランダ)
  • 種類キャンバスに油彩
  • 高さ69.5cm
  • 横幅57.5cm
  • 投稿日
  • 編集者
  • おそらくプッテン大尉、サロモン・ヴァン・ショーンホーヴェン(1617-1653)であろう、男の肖像の感想を書き込む

    こちらで、ぜひ本作品の感想やエピソードを教えてください。作品に関する質問もお気軽にどうぞ。