作品概要

ストー渓谷とデダム教会》は、画家のジョン・コンスタブルによって制作された作品。制作年は1814年から1814年で、ボストン美術館に所蔵されている。

詳細な画像を見る

《ストー渓谷とデダム教会》は、イギリスの画家ジョン・コンスタブルによって1814年に制作された油彩画である。ボストン美術館に所蔵されている。

サフォーク生まれの画家

コンスタブルは、後にその風景を多く描くことになる、サフォーク州の豊かな工場所有者の息子であった。彼はサフォークで絵画修業をするが、主に独学であった。1795年にロンドンに行き、1799年にロイヤル・アカデミー・オブ・アーツに入学した。学生時代、彼は巨匠による風景画、特に17世紀オランダの画家ヤーコプ・ファン・ロイスダールのものを模写した。

自然を直接見て描くことへのこだわり

コンスタブルは、クロード・ロランの作品とトーマス・ガーティンの水彩画に深く感銘を受けたが、自然を実際に観察することは、どんな芸術的モデルよりも重要であると信じていた。彼は「間接的に真実を学ぶ」ことを拒否した。コンスタブルは、彼以前の他のどの芸術家よりも、自然から直接、正確に描かれたスケッチに基づいて作品制作をした画家である。

故郷の風景

彼の初期作品には肖像画や宗教画も含まれていたが、1820年以降はほとんど独占的に風景画に専念した。彼の描いた主題は、主にサフォークとエセックス、そしてブライトンなど、彼自身がよく知っていたイングランドの風景であった。本作では、画家の故郷であるイーストベルゴット村の隣のデダム村の眺めが描かれている。

作品をもっと見る

基本情報・編集情報

  • 画家ジョン・コンスタブル
  • 作品名ストー渓谷とデダム教会
  • 英語名The Stour-Valley with the Church of Dedham
  • 分類絵画
  • 制作年1814年 - 1814年
  • 製作国イギリス
  • 所蔵ボストン美術館 (アメリカ)
  • 種類油彩、キャンバス
  • 高さ56cm
  • 横幅78cm
  • 投稿日
  • 編集者
  • ストー渓谷とデダム教会の感想を書き込む

    こちらで、ぜひ本作品の感想やエピソードを教えてください。作品に関する質問もお気軽にどうぞ。