作品概要

牧草地から見たソールズベリー大聖堂》は、画家のジョン・コンスタブルによって制作された作品。制作年は1831年から1831年で、ロンドン・ナショナル・ギャラリーに所蔵されている。

詳細な画像を見る

《牧草地から見たソールズベリー大聖堂》は、イギリスの画家ジョン・コンスタブルによって1831年に制作された油彩画である。ロンドン・ナショナル・ギャラリーに所蔵されている。

妻の死後描かれた作品

コンスタブルは、妻が死亡した直後に本作《牧草地から見たソールズベリー大聖堂》の制作を開始した。1831年に展示されたが、コンスタブルは1837年に死去するまで制作を続けた。6フィート画と呼ばれる大きなサイズのキャンバスに描かれた最後の作品であり、おそらく彼の最大の作品であると考えられる。この作品は、喪に服した期間に感じた混乱を反映しており、荒れた空と、決まった天候状況下にしか現われることができない虹には、宗教的な主題が垣間見える。

希望の象徴である虹

虹のイメージは、コンスタンブルの他の作品、《二重の虹のある風景》(1821年)、《ストーンヘンジ》(1835年)などにも描かれている。ロマン主義運動において、美しい束の間の現象である虹は、希望の象徴として広く使用された。コンスタブル自身は、「自然の美しさのさまざまな側面のすべてにおいて、虹ほどに穏やかな反射を目覚めさせる美しいものはない」と書いている。この作品では、虹は精神的な希望の象徴であると考えられている。

虹は、コンスタンブルに本作を描くよう勧めたソールズベリーの主教、ジョン・フィッシャーの住むリーデンホールの地に到達している。これは、妻の死の余波の中で支援をしてくれた友人に対する感謝の意を表しているかもしれない。

作品をもっと見る

基本情報・編集情報

  • 画家ジョン・コンスタブル
  • 作品名牧草地から見たソールズベリー大聖堂
  • 英語名Salisbury Cathedral from the Meadows
  • 分類絵画
  • 制作年1831年 - 1831年
  • 製作国イギリス
  • 所蔵ロンドン・ナショナル・ギャラリー (イギリス)
  • 種類油彩、キャンバス
  • 高さ151.8cm
  • 横幅189.9cm
  • 投稿日
  • 編集者
  • 牧草地から見たソールズベリー大聖堂の感想を書き込む

    こちらで、ぜひ本作品の感想やエピソードを教えてください。作品に関する質問もお気軽にどうぞ。