作品概要

ゴールディング・コンスタブルの野菜園》は、画家のジョン・コンスタブルによって制作された作品。制作年は1815年から1815年で、クライストチャーチ・マンションに所蔵されている。

詳細な画像を見る

《ゴールディング・コンスタブルの野菜園》は、イギリスの画家ジョン・コンスタブルによって1815年に制作された油彩画である。イプスウィッチにあるクライストチャーチ・マンションに所蔵されている。

イギリスの風景画家

19世紀の風景画に革命をもたらしたジョン・コンスタブルは、ウィリアム・ターナーと同様、ヨーロッパの美術、特にフランスで大きな影響力を持った。コンスタブルは、当時の基準であった高度に理想化された風景画から遠ざかり、詳細な観察による自然界の写実的な描写を好んだ。ストー渓谷周辺を描いた牧歌的な作品が最も有名であるが、100点を超える肖像画や、油彩で描いた膨大な数のスケッチも制作している。

画家の父の庭を描いた作品

この作品は、サフォーク州イーストベルゴット村に住んでいたコンスタブルの父、ゴールディング・コンスタブルの庭の野菜園壇を描いたものである。コンスタブルのプライベート・コレクションとするために描かれた。

本作は、「アート・ファンド」にその美術コレクションを残した慈善家アーネスト・エドワード・クックの孫によって寄贈された。アート・ファンドは、約100のイギリスの画廊に作品を分配した。現在は、イーストベルゴット村に近いクライストチャーチ・マンションに所蔵されている。《ゴールディング・コンスタブルの花園》と対をなし、隣に掛けられている。

二つの作品は、コンスタブルの父親が重い病気にかかり、さらに母親が病死した後に描かれた。庭は、1839年に家が売られた後に取り壊された。

作品をもっと見る

基本情報・編集情報

  • 画家ジョン・コンスタブル
  • 作品名ゴールディング・コンスタブルの野菜園
  • 英語名Golding Constable's Vegetable Garden
  • 分類絵画
  • 制作年1815年 - 1815年
  • 製作国イギリス
  • 所蔵クライストチャーチ・マンション (イギリス)
  • 種類油彩、キャンバス
  • 高さ33.4cm
  • 横幅51.1cm
  • 投稿日
  • 編集者
  • ゴールディング・コンスタブルの野菜園の感想を書き込む

    こちらで、ぜひ本作品の感想やエピソードを教えてください。作品に関する質問もお気軽にどうぞ。