作品概要

フラットフォード・ミル》は、画家のジョン・コンスタブルによって制作された作品。制作年は1816年から1817年で、テート・ブリテンに所蔵されている。

詳細な画像を見る

《フラットフォード・ミル》は、イギリスの画家ジョン・コンスタブルが1816年に描いた油彩画である。ロンドンのテート・ブリテンに所蔵されている。屋外で主に描かれる大きな「6フィート画」の初期のものであり、このストー川の風景を描いた連作の中には、後に描かれる《乾草車》が含まれていた。

描写

描かれているのは、サフォーク州の農村生活の場面である。2つの船とその乗組員がデダム・ロックからサフォークのストー川を進んでいる。より軽い船は、馬に取り付けられたロープによって川に沿って牽引され、近づいてくるフラットフォード橋の下でロープを切断しなければならなかった。本作では、少年がロープを切断しており、別の少年が馬にまたがっている。背景の景色は、聳え立つ樹木と雲に満ちた空の下に広がるイーストベルゴット村の広い風景を描いている。

制作の背景

本作は、1816年9月12日、マリア・ビックネルとの結婚を数ヶ月後にひかえた時期に制作が開始された。コンスタブルは当時、ロンドンで冬を過ごし、夏に故郷であるイーストベルゴット村で絵を描くという習慣を続けていた。

コンスタブルは、1814年より前は、油彩スケッチや素描をもとにしてアトリエでの作品制作をしていた。しかし1814年、彼は自然を直接見て絵画を完成させる意向を公に宣言した。1816年と1817年の夏は、コンスタブルがイーストベルゴット村で長時間過ごし、幼少時代を過ごしたサフォークの風景を直接描いた最後の季節であった。

作品をもっと見る

基本情報・編集情報

  • 画家ジョン・コンスタブル
  • 作品名フラットフォード・ミル
  • 英語名Flatford Mill (Scene on a Navigable River)
  • 分類絵画
  • 制作年1816年 - 1817年
  • 製作国イギリス
  • 所蔵テート・ブリテン (イギリス)
  • 種類油彩、キャンバス
  • 高さ102cm
  • 横幅127cm
  • 投稿日
  • 編集者
  • フラットフォード・ミルの感想を書き込む

    こちらで、ぜひ本作品の感想やエピソードを教えてください。作品に関する質問もお気軽にどうぞ。