作品概要

海の嵐》は、画家のジョン・コンスタブルによって制作された作品。制作年は1824年から1828年で、ロイヤル・アカデミー・オブ・アートに所蔵されている。

詳細な画像を見る

《海の嵐》は、イギリスの画家ジョン・コンスタブルによって1819年に制作された油彩画である。ロイヤル・アカデミー・オブ・アートに所蔵されている。

豊かな表現力

1822年以降、コンスタブルは風景の正確な記録から遠ざかり、その作品はより粗い表面、豊かな表現力を持つものへと変わっていった。ブライトンビーチを描いたこの作品は、暴風雨の激しい感覚を捉えて素早く描かれたものである。空と海はあまり描かれていないが、どんな場面であるかは簡単に理解でき、嵐が収束する瞬間を表していることは明らかである。その表現や主題は、要素の効果が画像の焦点であるターナーによる《吹雪》(1842年)のよう作品と比較することができる。

評価と影響

本作は、天候、光、および時刻の変化の影響を描写するコンスタブルの技法を示している。この作品が後の画家に与えた影響は大きい。コンスタブルの伝記作家、マーク・エヴァンスは、著書「メイキング・オブ・マスター(The Making of a Master)」において、「(コンスタブルの)油彩スケッチは1890年代から印象派の先駆者として、モダニズムと写真の構成における先駆者として賞賛されてきた」と書いている。

コンスタブルは、より完成した作品を描くためにこうしたスケッチを制作していたのであり、スケッチそのものを展示するつもりはなかった。しかしそれらは彼の作品の重要な部分を占めている。それらは現在、アカデミック・アートの伝統から逸脱した急進的かつ先駆的な作品という意味で、最も「モダン」であり興味深い作品であると見なされている。

作品をもっと見る

基本情報・編集情報

  • 画家ジョン・コンスタブル
  • 作品名海の嵐
  • 英語名Rainstorm over the sea
  • 分類絵画
  • 制作年1824年 - 1828年
  • 製作国イギリス
  • 所蔵ロイヤル・アカデミー・オブ・アート (イギリス)
  • 種類油彩、キャンバス
  • 高さ22.2cm
  • 横幅31cm
  • 投稿日
  • 編集者
  • 海の嵐の感想を書き込む

    こちらで、ぜひ本作品の感想やエピソードを教えてください。作品に関する質問もお気軽にどうぞ。