作品概要

白い馬》は、画家のジョン・コンスタブルによって制作された作品。制作年は1819年から1819年で、フリック・コレクションに所蔵されている。

詳細な画像を見る

《白い馬》は、イギリスの画家ジョン・コンスタブルによって1819年に制作された油彩画である。フリック・コレクションに所蔵されている。

巨大な作品

もともとは「ストー川の眺め」というタイトルだった本作《白い馬》は、コンスタブルによる「6フィート画」と呼ばれる大きなキャンバスによる最初の作品であった。1819年にロイヤル・アカデミーで展示され、その成功は同年アカデミーの準会員となる道を開くことになった。この大きさのキャンバスで描くために、コンスタブルは最初に場面を実際に見てスケッチすることから開始した。そして、最終的な絵に取り掛かる前にフルサイズのスケッチを仕上げた。

労働者たちの力強さ

描かれているのは、普通の農村生活の場面である。描かれた人々の労働生活を哀れんだり讃えたりするような性格のものではなく、単に見たものを描いただけの作品である。棹を持つ船頭など、工業化の脅威が増しているにもかかわらず、数世紀にわたって古い生活様式を続けてきた人々の根底には、力強さが描かれている。労働者たちの意志の強さは、水に浸った土手にしがみつくように立っている右側の木のイメージに反映されている。

詳細な植物描写

この作品では、多くのコンスタブル作品と同様、植物はその細部を描かれ、さまざまな形、色、および植生地域まで明確に識別されている。コンスタブルは、さまざまな緑を配した巨大なパレットを使用していた。こうした植物の描写は、この絵画において特に顕著である。本作には、季節と時間を反映した新緑が描かれている。

作品をもっと見る

基本情報・編集情報

  • 画家ジョン・コンスタブル
  • 作品名白い馬
  • 英語名The White Horse
  • 分類絵画
  • 制作年1819年 - 1819年
  • 製作国イギリス
  • 所蔵フリック・コレクション (アメリカ)
  • 種類油彩、キャンバス
  • 高さ131.4cm
  • 横幅188.3cm
  • 投稿日
  • 編集者
  • 白い馬の感想を書き込む

    こちらで、ぜひ本作品の感想やエピソードを教えてください。作品に関する質問もお気軽にどうぞ。