作品概要

マリア・ビックネル》は、画家のジョン・コンスタブルによって制作された作品。制作年は1816年から1816年で、テート・ブリテンに所蔵されている。

詳細な画像を見る

画家の婚約者の肖像画

1816年7月、コンスタブルは結婚の約3ヵ月前に婚約者の肖像画であるこの作品を描いた。彼はこの作品を手元に置き、彼女にこう手紙を出している。「私はあなたの肖像画なしではいられません。これを見れば、すぐに精神が落ち着きます。この肖像画は私が朝起きて最初に見るものであり、夜寝る前、一日の最後に見るものでもあります」

この肖像画は、実物と非常に似ていると言われている。マリアの顔の上質で細かい仕上がりは、背景と彼女のブラウスを構成するゆるやかな筆遣いとは対照的である。

正直な描写

コンスタブルは、そのキャリアにおいて100以上の肖像画を制作したが、そのほとんどは描きたかったからというよりは、経済的な問題上、必要に迫られて描かれたものであった。それにもかかわらず、多くは爽やかで正直な描写となっており、創り出されたイメージには真の個性がある。コンスタブルは、当時の美的基準に沿うために外観の癖を消し去るようなことはしなかった。この肖像画には特別な感度と暖かさがあり、これはモデルとの親密な関係がなければ生み出すことはできない。

筆遣いの違い

似た色の中立な背景とモデルの構成の両方において、この作品や他の多くの肖像画に平行線を見ることができる。彼の描く表情は常に詳細に描写されていたが、モデルの衣服の表現は、その人との関係によって変わっているようである。詳しく描かれているものもあれば、他の人物の肖像画はこの作品のようにより自由な筆遣いで示されている。これは作品の依頼に起因することがあり、パトロンの絵画はより完成度が高くなっていることが多い。

作品をもっと見る

基本情報・編集情報

  • 画家ジョン・コンスタブル
  • 作品名マリア・ビックネル
  • 英語名Maria Bicknell
  • 分類絵画
  • 制作年1816年 - 1816年
  • 製作国イギリス
  • 所蔵テート・ブリテン (イギリス)
  • 種類油彩、キャンバス
  • 高さ30cm
  • 横幅25cm
  • 投稿日
  • 編集者
  • マリア・ビックネルの感想を書き込む

    こちらで、ぜひ本作品の感想やエピソードを教えてください。作品に関する質問もお気軽にどうぞ。