作品概要

デダムの谷》は、画家のジョン・コンスタブルによって制作された作品。制作年は1802年から1802年で、ヴィクトリア&アルバート博物館に所蔵されている。

詳細な画像を見る

《デダムの谷》は、イギリスの画家ジョン・コンスタブルによって1802年に制作された油彩画である。ヴィクトリア&アルバート博物館に所蔵されている。

政治的混乱の最中の作品

これはコンスタブルの初期の主要作品の一つであり、26歳の時に制作されたものである。フランス革命戦争が終結し、ナポレオン戦争が始まるまでの短期間で制作されたこの作品は、政治的混乱の最中に描かれたとは思えない静けさをたたえている。後のキャリアにおいて力を発揮する技法はまだ完全には開発されていないが、このときには既に自然を詳しく観察した上で描いていたことを実証しており、これは木と空の詳細な描写に見ることができる。

描写

鑑賞者の目は、川に沿って前景からデダム教会の塔に至る背景まで導かれる。塔は小さいが、絵画の明確な焦点を形成している。画面の両側にある木は、小さなカメオの形のフレームを形成して画面中央の景色を提示し、さらにコンスタブルが幼少期を過ごした土地のランドマークである建物に視線を集中させる働きをしている。

影響と関連作品

前景右の木々を持つ構成は、クロード・ロランの作品《ハガルと天使》(1646年)の配置を反映している。コンスタブルは、初期の美術鑑賞と教育の中で、造形的役割を果たす作品からインスピレーションを受けた可能性がある。
この作品から26年後、コンスタブルは同じく《デダムの谷》(1828年)という同じ眺めを描いた作品を制作した。見た目は非常に似ているが、両者の間には小さな相違点が数多くある。

作品をもっと見る

基本情報・編集情報

  • 画家ジョン・コンスタブル
  • 作品名デダムの谷
  • 英語名Dedham Vale
  • 分類絵画
  • 制作年1802年 - 1802年
  • 製作国イギリス
  • 所蔵ヴィクトリア&アルバート博物館 (イギリス)
  • 種類油彩、キャンバス
  • 高さ43.5cm
  • 横幅34.4cm
  • 投稿日
  • 編集者
  • デダムの谷の感想を書き込む

    こちらで、ぜひ本作品の感想やエピソードを教えてください。作品に関する質問もお気軽にどうぞ。