作品概要

パイプと水差し》は、画家のジャン・シメオン・シャルダンによって制作された作品。制作年は1737?年から1737?年で、ルーヴル美術館に所蔵されている。

詳細な画像を見る

《パイプと水差し》は、フランスの画家ジャン・シメオン・シャルダンによって1737年頃に制作された油彩画である。ルーヴル美術館に所蔵されている。

優れた静物画家

シャルダンは、複雑さや明るさを持つ無生物を描いた画家である。名声と成功へと向かう直接的とはいえない道のりをたどったシャルダンの名は、その死の際には忘れ去られていた。しかしシャルダンは、後に再発見され、静物画家としての名声を確立した。

当時、静物画は最も地位の低い分野の絵画であったにもかかわらず、シャルダンはアカデミーの正会員となった。そのキャリアを通じてモダンで写実的な画風を維持したシャルダンは、その後、多くの近代画家にとってアイコン的な存在となった。

風俗画で描いた人生の延長

本作《パイプと水差し》のようなシャルダンの静物画は、人々に強い刺激を与える性質を持ち合わせている。ここで重要なのは、対象物の本質である。批評家ドゥニ・ディドロが賞賛したように、シャルダンは表面の外観に執着するのではなく、その下にあるものに取りつかれている。

しかし、対象物そのものは、意図的に家庭用品を選んで描いている。それらはシャルダンの家族を含み、誰でも、どこでも手に入れられる物であった。一番裕福な時期でも、彼らは比較的貧しいと言えた。描かれる用品は、ダイニングルームのものよりもキッチンのものが多い。それらは実際にシャルダンが風俗画で描いた人々の人生の、論理的な延長を形作っている。

作品をもっと見る

基本情報・編集情報

  • 画家ジャン・シメオン・シャルダン
  • 作品名パイプと水差し
  • 英語名Still-Life with Pipe and Jug
  • 分類絵画
  • 制作年1737?年 - 1737?年
  • 製作国フランス
  • 所蔵ルーヴル美術館 (フランス)
  • 種類油彩、キャンバス
  • 高さ32.5cm
  • 横幅40cm
  • 投稿日
  • 編集者
  • パイプと水差しの感想を書き込む

    こちらで、ぜひ本作品の感想やエピソードを教えてください。作品に関する質問もお気軽にどうぞ。