作品概要

花瓶の花》は、画家のジャン・シメオン・シャルダンによって制作された作品。制作年は1750年から1750年で、スコットランド国立美術館に所蔵されている。

詳細な画像を見る

《花瓶の花》は、フランスの画家ジャン・シメオン・シャルダンによって1750年に制作された油彩画である。エディンバラにあるスコットランド国立美術館に所蔵されている。

優れた静物画家

シャルダンのような複雑さや明るさを持つ無生物を描いた画家は、美術史上ほとんどいない。名声と成功へと向かう、決して直接的とはいえない道のりをたどった彼の名は、その死の際には忘れ去られていた。しかしシャルダンは後に再発見されたことにより、すべての静物画家の中で最も賞賛される名声を得た。

シャルダンの時代では、静物画は最も地位の低い分野の絵画であった。風俗画と歴史画が芸術的能力の究極のデモンストレーションと見なされた一方で、他のものは単に「工芸品」として却下されていた。キャリアを通してモダンで写実的なスタイルを維持したシャルダンは、その後、多くの近代画家にとってのアイコンとなった。

シャルダン唯一の花の絵

これはシャルダンの唯一残っている花の作品であり、最もよく知られているものの一つである。シャルダンの特徴的な明るさと落ち着きを美しく示している。青と白のデルフト焼きの花瓶には、様々な花が咲き誇っている。花と葉に見られる白と青は、他の黄色、ピンク、赤の花で引き立てられ、さらに花瓶の模様にある白と青を繰り返している。繊細な光と影は、テーブルと背景を区別し、その暗い色合いは、色とりどりの花によって緩和されている。

作品をもっと見る

基本情報・編集情報

  • 画家ジャン・シメオン・シャルダン
  • 作品名花瓶の花
  • 英語名A Vase of Flowers
  • 分類絵画
  • 制作年1750年 - 1750年
  • 製作国フランス
  • 所蔵スコットランド国立美術館 (イギリス)
  • 種類油彩、キャンバス
  • 高さ45.2cm
  • 横幅37.1cm
  • 投稿日
  • 編集者
  • 花瓶の花の感想を書き込む

    こちらで、ぜひ本作品の感想やエピソードを教えてください。作品に関する質問もお気軽にどうぞ。