作品概要

水差しとコップ》は、画家のジャン・シメオン・シャルダンによって制作された作品。制作年は1760?年から1760?年で、カーネギー美術館に所蔵されている。

詳細な画像を見る

《水差しとコップ》は、フランスの画家ジャン・シメオン・シャルダンによって1760年頃に制作された油彩画である。カーネギー美術館に所蔵されている。

静物画家としてのシャルダン

シャルダンの生きていた当時、最高の価値があるとされていたのは歴史画であり、静物画は最も地位の低いジャンルの絵画の1つであった。美術史上、シャルダンのように複雑さや明るさを持つ無生物を描いた画家はほとんどいないと言っていい。名声と成功へ向かう直接的とはいえない道のりをたどった彼の名は、その死の際には忘れ去られていた。しかしシャルダンは、後に再発見されたことにより、すべての静物画家の中で最も賞賛される名声を確立した。

写実的な質感

批評家ドゥニ・ディドロは、シャルダンの静物画を「本質的である」と高く評価していた。そして彼にとってシャルダンは、偉大な「魔術師画家」のままであった。

シャルダンのキャンバスは、描かれた物の質感にいたるまで、驚異的な写実主義によって鑑賞者の目を欺いた。このような作品は、鑑賞者を画家自身の経験の中に完全に取り込んだ。それはディドロがサロンについて書いた年よりも前に制作された風俗画を含む、シャルダンの全作品にある程度は当てはまったが、静物画について特に顕著であった。どちらのカテゴリーの作品も奇抜ではなく、シャルダンは単にオランダの17世紀絵画の最も典型的なものについて練習していただけなのかもしれない。

作品をもっと見る

基本情報・編集情報

  • 画家ジャン・シメオン・シャルダン
  • 作品名水差しとコップ
  • 英語名Water Glass and Jug
  • 分類絵画
  • 制作年1760?年 - 1760?年
  • 製作国フランス
  • 所蔵カーネギー美術館 (アメリカ)
  • 種類油彩、キャンバス
  • 高さ32.5cm
  • 横幅41cm
  • 投稿日
  • 編集者
  • 水差しとコップの感想を書き込む

    こちらで、ぜひ本作品の感想やエピソードを教えてください。作品に関する質問もお気軽にどうぞ。