作品概要

獲物のある静物》は、画家のジャン・シメオン・シャルダンによって制作された作品。制作年は1750?年から1759?年で、ワシントン・ナショナル・ギャラリーに所蔵されている。

詳細な画像を見る

《獲物のある静物》は、フランスの画家ジャン・シメオン・シャルダンによって1750年代に制作された油彩画である。ワシントン・ナショナル・ギャラリーに所蔵されている。

静物画家としてのシャルダン

シャルダンのように複雑さや明るさを持つ無生物を描いた画家はほとんどいない。名声と成功へ向かう直接的とはいえない道のりをたどった彼の名は、その死の際には忘れ去られていた。しかしシャルダンは、後の再発見によって、すべての静物画家の中で最も賞賛される名声を確立した。

シャルダンの時代では、静物画は最も地位の低いジャンルの絵画の1つであった。風俗画と歴史画が画家の能力の究極のデモンストレーションと見なされた一方で、他のものは単に「工芸品」とみなされていた。キャリアを通してモダンで写実的なスタイルを維持した破壊的な態度は、その後、シャルダンに多くの近代画家にとってのアイコンの地位を与えることとなった。

風俗画から、再び静物画へ

1750年以降、シャルダンはより大きな自由と影響とともに、このような静物画へと戻った。グレーや茶色で満ちた画面が、羽毛や果物の色で相殺されている。描かれているのは、死んだウサギ、鳥、厚い石板上に置かれた狩猟の獲物である。この作品は、シャルダンの主題に対する特徴的な絵画的アプローチの一例である。毛皮や羽毛の質感は、油絵具で豊かに描かれている。一定の距離からは鮮明に見えるが、近くで見ると、絵の具がそれ自体の性質を引き受けていることが明らかになる。

作品をもっと見る

基本情報・編集情報

  • 画家ジャン・シメオン・シャルダン
  • 作品名獲物のある静物
  • 英語名Still-Life with Game
  • 分類絵画
  • 制作年1750?年 - 1759?年
  • 製作国フランス
  • 所蔵ワシントン・ナショナル・ギャラリー (アメリカ)
  • 種類油彩、キャンバス
  • 高さ50cm
  • 横幅59cm
  • 投稿日
  • 編集者
  • 獲物のある静物の感想を書き込む

    こちらで、ぜひ本作品の感想やエピソードを教えてください。作品に関する質問もお気軽にどうぞ。