作品概要

セリネット》は、画家のジャン・シメオン・シャルダンによって制作された作品。制作年は1751年から1751年で、ルーヴル美術館に所蔵されている。

詳細な画像を見る

《セリネット》は、フランスの画家ジャン・シメオン・シャルダンによって1751年に制作された油彩画である。ルーヴル美術館に所蔵されている。

王室からの依頼

1751年、シャルダンは初めて王室から依頼を受けた。それは彼が描いた人物画の最後の作品となった。実際、シャルダンはその後、ルイ15世のために注文された本作《セリネット》の対画さえ完成させず、静物画や肖像画だけを制作した。

描かれているのは、中産階級の女性である。これはおそらく画家の二人目の妻、マルグリト・プジェである。18世紀に「バード・オルガン」として知られていた蓄音機の前身である装置・セリネットを使用し、ケージのカナリアに歌を教えている。作品のタイトルは、1751年のサロンで展示されたときには、「異なる娯楽を持つ女」であった。これは、モデルが鳥と遊ぶために刺繍の手を止め、脇に置いた描写を指している。

描写と性質

シャルダンによる屋内の人物画の最後の例として、本作は、シンプルな形が画像空間を支配していた堅牢な召使などを描いた以前の作品たちとは著しく対照的である。この絵の陶器のような仕上がりと、淡く銀のような色調も、以前の作品とは異なっている。シャルダンが君主に作品を献上する上で最高の行動をとらなければならないと考えた結果であると解釈することも可能であるが、こうした絵の性質は、当時流行していた17世紀のオランダ人巨匠の作品の意図的な模倣といえる。

作品をもっと見る

基本情報・編集情報

  • 画家ジャン・シメオン・シャルダン
  • 作品名セリネット
  • 英語名Lady with a Bird-Organ
  • 分類絵画
  • 制作年1751年 - 1751年
  • 製作国フランス
  • 所蔵ルーヴル美術館 (フランス)
  • 種類油彩、キャンバス
  • 高さ50cm
  • 横幅43cm
  • 投稿日
  • 編集者
  • セリネットの感想を書き込む

    こちらで、ぜひ本作品の感想やエピソードを教えてください。作品に関する質問もお気軽にどうぞ。