作品概要

スープの野菜》は、画家のジャン・シメオン・シャルダンによって制作された作品。制作年は1732?年から1732?年で、インディアナポリス美術館に所蔵されている。

詳細な画像を見る

《スープの野菜》は、フランスの画家ジャン・シメオン・シャルダンによって1732年頃に制作された油彩画である。インディアナポリス美術館に所蔵されている。

優れた静物画家

美術史上、シャルダンのように複雑さや明るさを持つ無生物を描いた画家はほとんどいない。名声と成功へと向かう直接的とはいえない道のりをたどったシャルダンの名は、その死の際には忘れ去られていた。しかしシャルダンは、後に再発見されたことにより、静物画家としての名声を確立した。

当時、静物画は最も地位の低い分野の絵画の1つであった。風俗画と歴史画が芸術的能力の究極のデモンストレーションと見なされた一方で、他のものは単に「工芸品」として却下されていた。キャリアを通しモダンで写実的なスタイルを維持した彼の態度は、その後、シャルダンに多くの近代画家にとってのアイコンの地位を与えた。

深い秩序と調和

これは、シャルダンが1730年代初期に制作した、日用品を描いた数多くの小さな絵の一つである。彼はしばしば、銅製の鍋、穴開き杓子、光沢のある陶器の水差し、キャベツ、ニンジン、キュウリ、カブなど、他の作品と同じレパートリーを使用していた。調理器具や野菜の配置には深い秩序と調和があり、それらの素朴なシンプルさには、道徳的な確信がある。そのような価値観は、シャルダンのパトロンの大部分を占めていた中産階級の人々によって高く評価された。

作品をもっと見る

基本情報・編集情報

  • 画家ジャン・シメオン・シャルダン
  • 作品名スープの野菜
  • 英語名Vegetables for the Soup
  • 分類絵画
  • 制作年1732?年 - 1732?年
  • 製作国フランス
  • 所蔵インディアナポリス美術館 (アメリカ)
  • 種類油彩、キャンバス
  • 高さ40cm
  • 横幅49.5cm
  • 投稿日
  • 編集者
  • スープの野菜の感想を書き込む

    こちらで、ぜひ本作品の感想やエピソードを教えてください。作品に関する質問もお気軽にどうぞ。