作品概要

銅製の給水器》は、画家のジャン・シメオン・シャルダンによって制作された作品。制作年は1734?年から1734?年で、ルーヴル美術館に所蔵されている。

詳細な画像を見る

《銅製の給水器》は、フランスの画家ジャン・シメオン・シャルダンによって1734年頃に制作された油彩画である。ルーヴル美術館に所蔵されている。

ささいな日常の道具

これは、シャルダンが35歳の時に描いた作品である。ここには彼の画家としてのすべての本質、そして夢中になったものすべてが描かれていると言っていい。この作品は、徹底的な新鮮さを持っており、かつてないほどささいな日常的対象物の、違った見方を提供している。

描写および構成

画面の中心軸上という構成上重要な位置に置かれた銅の給水器は、静かな場面と中心的なモチーフとしてキャンバスを占めている。周囲には、給水器に関わるさまざまな道具が配置されている。一見すると、より大きな背景から抽出されたランダムな細部であるように見えるが、これは説得力を持つように計算された構成である。魅惑的な筆遣いは、作品の主題を背景にしっかりと帰属させている。蓋の上部のカバーは、その形がエキゾチックなモンゴルの帽子のように見える。

対象物の力強さ

この作品には、どんな動きも描かれていない。黒い水差し、バケツ、レードル、給水器そのものの客観性から注意を逸らすような水も垂れていない。この給水器には、非常な力強さがある。まるで誇らしげに立っている姿を鑑賞者に見せたいと願っているかのようである。装飾的な美しさという目的で作られている蓋の同心円状のリングは、ちょうど触れることができるように見える。

作品をもっと見る

基本情報・編集情報

  • 画家ジャン・シメオン・シャルダン
  • 作品名銅製の給水器
  • 英語名The Copper Drinking Fountain
  • 分類絵画
  • 制作年1734?年 - 1734?年
  • 製作国フランス
  • 所蔵ルーヴル美術館 (フランス)
  • 種類油彩、板
  • 高さ28.5cm
  • 横幅23cm
  • 投稿日
  • 編集者
  • 銅製の給水器の感想を書き込む

    こちらで、ぜひ本作品の感想やエピソードを教えてください。作品に関する質問もお気軽にどうぞ。