作品概要

買い物帰りの女中》は、画家のジャン・シメオン・シャルダンによって制作された作品。制作年は1739年から1739年で、ルーヴル美術館に所蔵されている。

詳細な画像を見る

《買い物帰りの女中》は、フランスの画家ジャン・シメオン・シャルダンによって1739年に制作された油彩画である。ルーヴル美術館に所蔵されている。

近代画家にとってのアイコン

美術史上、感情的な反応を誘発するために、シャルダンのような複雑さや明るさを持つ無生物を描いた画家はほぼいない。名声と成功へと向かう直接的とはいえない道のりをたどった彼は、その死の際には忘れ去られていた。しかし後の再発見によって、シャルダンはすべての静物画家の中で最も賞賛される名声を確立させた。

キャリアを通してモダンで写実的なスタイルを維持した破壊的な態度は、その後、シャルダンに多くの近代画家にとってのアイコンの地位を与えることとなった。

複数のバージョンが制作された作品

シャルダンは18世紀の最も偉大な画家の1つであり、その風俗画と静物画は、パリのブルジョアジーの生活を記録したものとなっている。シャルダンはシンプルな静物と、感傷的でない家庭の場面を好んだ。繊細な色調と質感を呼び起こす彼の能力は、いくつかのバージョンが制作された本作《買い物帰りの女中》でも見ることができる。

描かれているのは、市場で買い物をして帰ってきた女中の姿である。扉を通してシャルダン家の銅製の給水器(《銅製の給水器》という作品として描かれている)が見えることを考えると、シャルダンはこの絵画のモデルとして自身のアパートを使用したことがわかる。

作品をもっと見る

基本情報・編集情報

  • 画家ジャン・シメオン・シャルダン
  • 作品名買い物帰りの女中
  • 英語名Servant Returning from the Market
  • 分類絵画
  • 制作年1739年 - 1739年
  • 製作国フランス
  • 所蔵ルーヴル美術館 (フランス)
  • 種類油彩、キャンバス
  • 高さ47cm
  • 横幅38cm
  • 投稿日
  • 編集者
  • 買い物帰りの女中の感想を書き込む

    こちらで、ぜひ本作品の感想やエピソードを教えてください。作品に関する質問もお気軽にどうぞ。