作品概要

芸術の寓意のある静物》は、画家のジャン・シメオン・シャルダンによって制作された作品。制作年は1724年から1728年で、プーシキン美術館に所蔵されている。

詳細な画像を見る

《芸術の寓意のある静物》は、フランスの画家ジャン・シメオン・シャルダンによって制作された油彩画である。プーシキン美術館に所蔵されている。

芸術の寓意

静物画は、シャルダン作品の主要な位置を占めている。彼は何度も「芸術の寓意」という主題に取り組み、この主題について20以上の作品を描き、芸術家の作品の重要性を誇らしげに主張した。これらの作品のほとんどは、キャビネットやサロンのドアを覆う装飾パネルとして使用されていた。これが、シャルダンが横長のフォーマットを選んだ理由となっている。

それぞれの物が表す意味

シャルダンの仕事道具であるチョーク、鉛筆、分度器、絵画のセット、本や巻物がテーブルの上に集められている。構成の中心部分にあるのは、シャルダンの友人である彫刻家ピガールによって作られたメルクリウスの頭部の石膏模型である。

物の配置は自由だが意味がある。ここにあるすべてが必要なものである、よく考えられている。それらは、画家の内省と労働を証明している。それぞれが精神性を持っている。紙のロールは広がり、本は互いにもたれかかっており、ページにはしおりが見える。メルクリウスは翼のついた帽子をかぶっている。石造りや商人の守護者、レトリックと思考の神、学校や体育館の守護者、そして神の使者であるメルクリウスは、シャルダンの理想の具現であり、作品の論理の極致である。

各アイテムの動きと活力は、画家の筆によって調和的に組み合わせられた色の構造によって描き出されている。

作品をもっと見る

基本情報・編集情報

  • 画家ジャン・シメオン・シャルダン
  • 作品名芸術の寓意のある静物
  • 英語名Still life with attributes of the arts
  • 分類絵画
  • 制作年1724年 - 1728年
  • 製作国フランス
  • 所蔵プーシキン美術館 (ロシア)
  • 種類油彩、キャンバス
  • 高さ53cm
  • 横幅110cm
  • 投稿日
  • 編集者
  • 芸術の寓意のある静物の感想を書き込む

    こちらで、ぜひ本作品の感想やエピソードを教えてください。作品に関する質問もお気軽にどうぞ。