作品概要

桃、銀のゴブレット、ぶどう、クルミのある静物》は、画家のジャン・シメオン・シャルダンによって制作された作品。制作年は1759?年から1760?年で、J・ポール・ゲティ美術館に所蔵されている。

詳細な画像を見る

《桃、銀のゴブレット、ぶどう、クルミのある静物》は、フランスの画家ジャン・シメオン・シャルダンによって1760年頃に制作された油彩画である。J・ポール・ゲティ美術館に所蔵されている。

シンプルな静物画

シャルダンの時代では、静物画は最も地位の低い分野の絵画の1つであった。キャリアを通してモダンで写実的なスタイルを維持したシャルダンは、その後、多くの近代画家にとってのアイコンとなった。

批評家ドゥニ・ディドロは、1765年のサロンについての批評の中で、シャルダンについて次のように記している。「空気と光を筆の先端で取り、キャンバスに貼りつけている。あなたの作品は自然と芸術の間に存在している」

静物画、風俗画、時折描いた肖像画などにおいて、シャルダンの描くシンプルな対象物の視覚的かつ触覚的な性質を表現する技量は、ディドロのような評論家に賞賛された。

描写と効果

この静物画において、シャルダンは3つのクルミ、4つの桃、2房のブドウ、ゴブレットのような控えめな対象物を描いているが、それらを純粋な幾何学的グループに分けて基本的な形態に集中させることによって、絵画の中で不朽のものとしている。さらに表面全体に光を当て、絵の具を連続的に塗布することによって、物体の様々な質感を描き出した。このようにしてシャルダンは、桃の微毛のある皮、クルミの硬い殻、ブドウの半透明さ、ゴブレットの重く冷たい表面を表現している。

作品をもっと見る

基本情報・編集情報

  • 画家ジャン・シメオン・シャルダン
  • 作品名桃、銀のゴブレット、ぶどう、クルミのある静物
  • 英語名Still Life with Peaches, a Silver Goblet, Grapes, and Walnuts
  • 分類絵画
  • 制作年1759?年 - 1760?年
  • 製作国フランス
  • 所蔵J・ポール・ゲティ美術館 (アメリカ)
  • 種類油彩、キャンバス
  • 高さ38.1cm
  • 横幅46.7cm
  • 投稿日
  • 編集者
  • 桃、銀のゴブレット、ぶどう、クルミのある静物の感想を書き込む

    こちらで、ぜひ本作品の感想やエピソードを教えてください。作品に関する質問もお気軽にどうぞ。